大阪府、大阪市、堺市、兵庫県、神戸市、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県|高校受験、勉強のニガテ克服、発達障害、不登校対応の家庭教師

無料の体験授業に申し込む 無料の体験授業に申し込む
無料の体験授業について詳しくはこちら 無料の体験授業に申し込む

資料請求はこちら

あすなろまるわかりBOOKを資料請求する 受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する 発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する

家庭教師になりたい方・家庭教師の先生へ

家庭教師になりたい方はこちら 指導報告書のダウンロードはこちらから
無料の体験授業に申し込む
無料の体験授業に申し込む

読書感想文の書き方

夏休みの読書感想文の「本の選び方」から「書き方」まで、お役立ち情報をご紹介。読書感想文は「本を読んでどう思ったか、感じたのか」。自分の思いを原稿用紙に書くことです。読書感想文攻略のポイントは「本を楽しんで読むこと」その感想を「お母さんや周りの人に話してみる」ことです。

読書の楽しさを知ってほしい!「読書感想文の書き方」について勉強のお役立ち情報をお届けします

夏休みの読書感想文の「本の選び方」から「書き方」まで…お役立ち情報をお届けします。
読書感想文は、小学生・中学生の約4割の人が夏休みの宿題で”最も手こずる”と言われています。
苦手な子にとっては、非常に悩まされる宿題のひとつです。
「何を書いたらいいかわからない…」「どんな本を選んだらよいのかわからない…」「書き始めが分からない」というたくさんの相談を受けます。
読書感想文は「本を読んでどう思ったか、感じたのか」。自分の思いを原稿用紙に書くことです。読書感想文攻略のポイントは「本を楽しんで読むこと」その感想を「お母さんや周りの人に話してみる」ことです。いきなり文章に書き連ねることは難しく感じるかもしれませんが、本の感想を話して、それを文章にしていくと意外と簡単に読書感想文は完成していくものです。
記事はあくまで一例ですが、是非参考にしてみてください。読書感想文の書き方 記事一覧


あすなろでは、夏休みのお悩みで一番多く、苦手なお子さんは最も手こずると言われている「読書感想文」。そのお悩みを解消できるように、読書感想文の書き方を記事にまとめています。

文部科学省 第2 国語力を身に付けるための読書活動の在り方
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/toushin/attach/1418976.htm


目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する