発達障害のお子さんへの指導

家庭教師のあすなろ関西は発達障害のお子さんの「特性」と「個性」に合わせて勉強のやり方から教えます!

あすなろの「特性あるお子さん」へ向けた指導について

私たちは「指導方法・やる気づくり」から保護者さまとの連携を大切に「学習計画帳と指導報告書」で、お子さん一人ひとりの特性に合わせた適切なサポートを行なうことで、お子さんの自信や意欲を育み可能性を引き出す指導を行なっています。

うちの子もしかしたら「発達障害グレーゾーン」かも…「発達障害の傾向があると言われた…」学校の先生に「勉強面や学校生活」で遅れている部分があると言われた…
など、ご家庭から多くのご相談をいただきます。
発達障害の特性を持つお子さんは、得意教科と苦手教科の差が大きいことが多いです。
苦手教科の克服も大切ですが、家庭教師のあすなろでは、得意な教科や興味がある分野を伸ばす環境づくりを心がけています。

こんなお悩みはありませんか?・集中力がない・落ち着きがない・先生に勉強面や学校生活で遅れ気味と言われて心配・コミュニケーションが苦手・何度教えても理解ができない・何から始めれば良いかわからない・発達障害グレーゾーンである

あすなろは有資格者を中心に、発達障害のお子さんをサポート

【日本医療福祉教育:発達障害コミュニケーション指導者】発達障害に関する正しい知識を持ち、サポートできる公的認定資格です。あすなろでは、発達心理や脳科学に基づいた発達障害の専門的な知識を持つスタッフが指導のサポートと家庭教師の教育に力を入れています。
【発達障害のお子さんも安心!あすなろ0円サポート】体験授業大満足の120分・万が一の時も安心先生の交代・毎月の家庭教師指導報告・高校受験や進路のご相談・学習指導計画サポート

詳しい指導料金プランについてはこちら

指導料の無料見積もり 詳しくはこちら
無料の体験授業「効果3倍の勉強法」 詳しくはこちら

あすなろで指導にあたっている発達障害の主な種類

発達障害とは、主に脳の中枢神経の機能不全により起こるとされている障害で、大きく4つに分類されます。また、以下の図のように、2つ以上の特性を併せ持っている場合もあります。

家庭教師のあすなろでは、発達障害のあるお子さんの特性に応じて、適切な指導を行なえるようサポートしています。

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害に含まれる分類):
知的な遅れを伴わない自閉症の分類。コミュニケーションや興味に大きな偏りがみられます。言葉の遅れは見られません。
学習障害(LD):
全般的な知的発達に遅れはないものの、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のいずれかが極端に困難です。
軽度発達遅延・精神遅滞:
言葉の発達に遅れが見られたり、物事を理解することが難しい。軽度発達遅延はおおむねIQ50~70を指します。
注意欠陥・多動性障害(AD/HD):
不注意(集中力がない)、多動性(落ち着きがない)、衝動性(我慢できない)などを特徴とする行動が、幼少期から見られます。

発達障害サポート担当スタッフからのメッセージ

発達障害コミュニケーション指導者、不登校専門員の犬飼の写真

私たち家庭教師のあすなろは、約20 年前に家庭教師事業をはじめて以来、多くの特性あるお子さんや、学校へ行くことを苦手にしているお子さんの指導を任せてもらってきました。

特性のあるお子さんは「まずは療育」ということで、勉強を後回しにしてきた子が多いです。もちろん療育が大切なのはわかります。しかし、勉強のやり方がわからないまま進学を諦め、自信をなくし、打ちひしがれてしまっているお子さんの姿もたくさん見てきました。

私たち家庭教師のあすなろには、教え方が上手な家庭教師がたくさんいます。そんな先生たちに特性あるお子さんへの指導方法を身につけてもらうことで、お子さんに勉強を通して少しでも「自分はできるんだ」「やったらわかるんだ!」という気持ちを持ってもらいたい。
私たちあすなろは、お子さんが安心して、進学や将来の目標、さらには社会に出ることを考えられるように、そして自信を持って歩んでいけるように、手助けをしていきたいと考えています。

 

家庭教師のあすなろでは、これまで1,000人以上学発達障害やグレーゾーンであることによって、勉強の遅れに悩む生徒さんのお悩みを解消してきました。
「勉強がわかるようになって楽しい!」「笑顔が増えた!」「将来の夢ができた!」など、見違えるほど変わったお子さんの様子をみて、多くのお母さんから喜びの声をいただいています。

あすなろ独自の「発達障害のお子さんへのサポート」

あすなろでは、オリジナルの発達障害のお子さんへのサポートで成績アップを目指します!
発達障害のあるお子さんは、自分をうまく表現できない、人付き合いが苦手、周りから理解されにくいなど、辛い思いをしているお子さんは少なくありません。

お子さん自身も「本当はもっとできるようになりたい」と思っているのに失敗を繰り返したりして、なかなか良い評価がもらえず…
「また、同じことで怒られた…」「頑張っているのに…」「どうせ、やってもできないし…」
と自信を失っている発達障害のお子さんが本当に多いです。

現状、小・中学校では子ども一人ひとりにかける時間が限られていたり、お子さんが本来持っている能力や個性を十分に伸ばしてあげられていないのが現状です。
「今からでも勉強は間に合う」「自分でもできる」という自信とやる気を引き出す、あすなろ独自の『発達障害のお子さんへのサポート』をご紹介します。

あすなろは発達障害のお子さんへの指導経験が豊富

あすなろでは発達障害のお子さんに理解と自信を持って指導できる指導経験が豊富な家庭教師が多数在籍しています。

》詳しくみる

業界初!児童心理学を取り入れたやる気づくりと勇気づけ

児童心理学」を取り入れて不登校のお子さんへ“やる気”“やり方”両面からサポートします。

》詳しくみる
不登校へのお子さんのサポート「無料体験授業」「予習・復習の習慣づけ」「無料の教師交代」「指導報告」「無料お悩み相談」「春・夏・冬休み特別講演」「模擬試験」「受験相談」「発達障害有資格者のサポート」
発達障害のお子さんのためのサポートブックの資料請求はこちら

発達障害のお子さんの保護者さまからの生の声

指導報告書より

大阪市:小学6年生(発達障害/LD)

指導報告書の手書きの画像

[保護者さま]お陰様で勉強面で心配より褒めてあげることが多くなり、大変うれしく思っています。いつもご指導ありがとうございます。集中力が続かない息子に色々な工夫をしてくださり、家庭教師の良さを感じています。
ご迷惑をおかけしますが、引き続きご指導宜しくお願い致します。

あすなろスタッフ:はら
お子さんと保護者さまとの連携を大切に、お子さんの将来の夢に向かって、一緒に頑張っていきたいと思っています。引き続きどうぞよろしくお願いします。

大阪府:中学1年生(発達障害/HSC/グレーゾーン)

指導報告書の手書きの画像

[保護者さま]学校のテストが自信を持って挑めるようになってきました。まだまだ遅れはありますが、少しでも前向きに取り組めるようになって感謝しています。

あすなろスタッフ:はるみ
勉強で少しでも「できる自信」を積み重ねていくことで、前向きな気持ちになれますよね。楽しく前向きに中学生活を送ることが出来るように、指導をしていきたいと思います。

神戸市:小学5年生(発達障害/自閉症スペクトラム)

指導報告書の手書きの画像

[保護者さま]本人のペースを様子を見ながらご対応してくださり有難うございます。文章力がつきてきたと実感しています。コミュニケーションが取れており安心しています。ゆっくりなペースで構いませんので、引き続きよろしくお願いいたします。

あすなろスタッフ:はら
お子さんが少しでも前向きに取り組んでくれて私たちもうれしいです。学習が身に付くことで、自然と前向きな気持ちになりコミュニケーションも取れるように、そして自信もついてくれると嬉しいです。
体験授業についてのご相談窓口はこちら「家庭教師ってどんな感じ?」「体験だけでもいいの?」「今の勉強方法と比べてみたい」などお気軽にご相談ください。「受けてよかった!」と思ってもらえる自信があります。0120-32-4152受付時間/午前9時~午後10時 土日祝も受付しております。

発達障害のお子さんに向けた体験授業について

あすなろでは発達障の特性をお持ちのお子さんも安心して指導を受けていただけるように、無料の体験授業を実施しています。体験授業を通じて「勉強のおもしろさ」「できる自信」をお伝えしています。
「勉強の遅れ」や「コミュニケーション」などで苦しんでいるお子さんに対して、家庭教師の強みであるマンツーマン指導での勉強という面からサポートしていきます。
将来に向けて「勉強のキッカケ」だけでも欲しい。今やっている「勉強方法と比較」したい。など、是非この機会に無料体験を受けてみてください。
「受けてよかった!」と思っていただける自信があります!

家庭教師のあすなろは発達障害の特性のあるお子さんも安心
選べる2つの体験法

1.自宅で体験

学習アドバイザーがご自宅にお伺いして、体験授業を実施します。実際の指導により近い形で体験授業を受けていただくことができます。

2.オンラインで体験

オンラインで学習アドバイザーがの体験授業をお試しいただけます。ご準備いただくものは、インターネット回線とカメラ・マイクのついたパソコンのみ!もちろん、タブレットやスマホでも大丈夫です。
「家庭教師に興味がある」「どんな感じなのか気軽に試してみたい」など、お気軽に家庭教師を試していただけます。

①、②については、ご家庭のご希望に合わせてお選びいただけますので、体験授業をお申し込みの際にご希望をお伝えください。

目からウロコの無料体験やっています!

たった15分で誰でも楽しみながら、
大きく点数アップできる勉強法をお伝えしています。

体験授業を通して私たちがお伝えしたいのは、「勉強のおもしろさ」。お子さんの“わかった!”の笑顔と“できる!”の自信を引き出すキッカケづくりのために、目からウロコの体験授業を実施しております。

現在のお子さんの様子や学習状況に合わせて、「目標設定」から「具体的な学習方針」まで、担当の家庭教師と保護者さまと相談しながら指導を進めていきますので、どうぞご安心ください。

「目からウロコ」の体験授業の生の声をご紹介

中学1年生女の子の保護者さまより

発達障害のグレーゾーンと言われ、勉強面での遅れが心配でした。

・ご相談内容

ワーキングメモリが低く発達障害のグレーゾーンだと言われていいます。小学校までは公文に行っていて反復の勉強してきました。中学になりさらに勉強面での遅れが心配になり家庭教師を検討させていただきました。今までの公文のように反復練習(小テストや予習・復習)をしてくださり、子どものペースに合わせて学習プランを考えてくださり感謝です。体験授業を受けて本当によかったです。

小学6年生男の子の保護者さまより

気分の波が心配でしたが、体験授業が良いキッカケになりました。

・ご相談内容

AD/HDで気分の波があり心配していましたが、あすなろさんは子どものペースに合わせて対面式とオンライン指導で切り替えられるのが決め手になりました。
少しでも「できた!」と思えれば、勉強も楽しくなると思います。体験授業がそう思える良いきっかけになりました。息子が笑顔で勉強している姿を久しぶりに見ることができて、それだけでも本当に良かったです。

発達障害のお子さんの指導についてのお悩みご相談は、お気軽にお問い合わせください。「勉強に遅れがある」「コミュニケーションが苦手…」「家庭教師が合うのか相談したい」などご質問だけでも大丈夫です。まずはお気軽にお問い合わせください。

あすなろの体験授業について詳しく見る

無料の体験授業に申し込む

発達障害のお子さんのためのサポートブックの資料請求はこちら

発達障害のお子さんの教え方についてよくあるご質問

発達障害のお子さんの教え方でよくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ぜひ参考にしてください。 その他、疑問や質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

発達障害のお子さんについての記事を更新しています

よくあるご質問のなかでも、私たち家庭教師のあすなろに多く寄せられるお声を元に、お役立ち情報を発信しています。

通常学級と特別支援学級のメリット・デメリットについての記事です。

発達障害児は通常学級と特別支援学級どちらに在籍するのがいいのかという議論は度々されることがあります。
知的障害の有無や発達障害の程度など、個人差があるので一概に通常学級がいい・特別支援学級がいいということは言えません。
そして、それぞれにメリットとデメリットがあります。
それぞれの学級で発達障害児が過ごすことによるメリットとデメリットを今回はお話していきます。

発達障害のお子さんの習い事の選び方についての記事です。

小さい頃から習い事をさせる保護者は多いと思います。将来のため・周りがやっているから・子どもが興味を持っているからなど様々なきっかけがありますが、発達障害児が習い事をしても良いのかと思うこともあります。
集中してできるのか・他の子どもに迷惑がかからないかなど不安要素が多い保護者も多くいます。
しかし、プログラムなどをしっかり吟味すれば発達障害児でも習い事をさせることができます。今回は発達障害児ができる習い事の選び方についてお話していきます。

発達障害とわかったら何をする?についての記事です。

子どもが発達障害と診断されるタイミングは様々です。
定期検診で早期に分かることもありますし、小学校や中学校に上がったタイミングで分かること、年度の途中で分かることもあります。
そういった時にどうすればいいのか、もし自分で発達障害かもしれないと感じたらどうすればいいのか、どこにそうだんをすればいいのか、たくさんありすぎて分からなくなることもあります。
そこで、今回は発達障害とわかった時にどうしたらいいのかをお話していきます。

板書が苦手なお子さんの対応策についての記事です。

発達障害、特にLDがあると学校の授業で板書が苦手であるという子どもがいます。
板書は黒板を見て一瞬で内容を把握する・短期的に覚える・ノートの書くべき場所に書く、という行為を何度も繰り返し行います。
この一連の流れのどこに問題があるかによっても対応が変わってきますが、どこに問題があるかわからない場合は以下のお話の内容を実践してみてください。
板書が取れなくて勉強が嫌になってしまうということもあります。
板書を取らないとノート提出も困ってしまいますし、板書を取ることに一生懸命になりすぎて話を全然聞けていないために内容が把握できず、結果としてテストなどに影響が出てしまいます。
聞くだけで全てを把握できるのであればそれでも良いと思うのですが、後から復習などがしにくくなってしまいます。
どうすれば板書を取れるようになるのか、対応策をお話していきます!

場面緘黙のお子さんへの接し方についての記事です。

発達障害児の中には場面緘黙を併発している子どももいます。
場面緘黙とは、特定の場所で会話ができないことで、学校で会話ができないケースが多いです。
その反面、家ではびっくりするくらい会話をするので、家族も家と学校とのギャップに驚き困惑することがあります。
場面緘黙はストレスやトラウマなど精神的なものがきっかけでなることが多く、友人関係でのトラブルやいじめが原因です。 家庭内の問題や別の理由で家庭での場面緘黙になることもあります。
もちろん、会話ができないだけで意思はあるのでコミュニケーションを上手く取れれば、声での会話でなくとも意思疎通をすることができます。
今回は、場面緘黙の子どもとコミュケーションをとるために、家庭でもできることや学校と連携してできることについてお話していきます。

学習障害のお子さんの学習方法についての記事です。

学習障害のあるお子さんは学習する意欲はあるのに、うまくできなくてイライラすることが多いです。
また、自分でも文字がどのように見えるのか、数をどのように理解しているのかなどを伝えることも難しく、親もその大変さを理解するのに苦労します。
今回は学習障害と思われるお子さんの学習方法の工夫の仕方をお話していきます。

あすなろの無料の体験授業について

あすなろの体験授業では、発達障害などの特性をお持ちのお子さんにも勉強を通じて「できる!」「わかる!」という自信を持ってもらえるようアドバイスしています。
家庭教師だからこそできる、お子さんそれぞれの特性やペースに合わせた指導があります。
あすなろの体験授業で「勉強の楽しさ」を実感してみませんか。

体験授業についてのご相談窓口はこちら「家庭教師ってどんな感じ?」「体験だけでもいいの?」「今の勉強方法と比べてみたい」などお気軽にご相談ください。「受けてよかった!」と思ってもらえる自信があります。0120-32-4152受付時間/午前9時~午後10時 土日祝も受付しております。

無料の体験授業に申し込む

あすなろについてもっと知りたい方へ

最短・最速の勉強法を教えます

無料の体験授業について詳しくはこちら


目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2021年)は1,000人以上が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する