発達障害のお子さんへの指導

発達障害のお子さんへの指導について

あすなろの「特性あるお子さん」へ向けた指導について

家庭教師のあすなろでは、発達障害に関する資格を持ったスタッフが中心となり、ご家庭や指導にあたる家庭教師のサポートをしています。

あすなろでは、発達障害子湯にケーション指導者の資格を取得しし、専門知識を持つスタッフが中心となり適切なサポートを行っていきます。

私たちは「指導方法・学習計画・やる気アップ」の3 つを軸に、お子さん一人ひとりの特性に合わせた適切なサポートを行なうことで、お子さんの自信や意欲を育み可能性を引き出す指導を行なっています。
発達障害を持つお子さんは、得意教科と苦手教科の差が大きいことが多いです。苦手教科の克服も大切ですが、得意な教科や興味がある分野を伸ばす環境づくりを心がけています。

担当スタッフからのメッセージ

発達障害コミュニケーション指導者、不登校専門員の犬飼の写真

私たち家庭教師のあすなろは、約20 年前に家庭教師事業をはじめて以来、多くの特性あるお子さんや、学校へ行くことを苦手にしているお子さんの指導を任せてもらってきました。

特性のあるお子さんは「まずは療育」ということで、勉強を後回しにしてきた子が多いです。もちろん療育が大切なのはわかります。しかし、勉強のやり方がわからないまま進学を諦め、自信をなくし、打ちひしがれてしまっているお子さんの姿もたくさん見てきました。

私たち家庭教師のあすなろには、教え方が上手な家庭教師がたくさんいます。そんな先生たちに特性あるお子さんへの指導方法を身につけてもらうことで、お子さんに勉強を通して少しでも「自分はできるんだ」「やったらわかるんだ!」という気持ちを持ってもらいたい。
私たちあすなろは、お子さんが安心して、進学や将来の目標、さらには社会に出ることを考えられるように、そして自信を持って歩んでいけるように、手助けをしていきたいと考えています。

あすなろで指導にあたっている発達障害の主な種類

発達障害とは、主に脳の中枢神経の機能不全により起こるとされている障害で、大きく4つに分類されます。また、以下の図のように、2つ以上の特性を併せ持っている場合もあります。

家庭教師のあすなろでは、発達障害のあるお子さんの特性に応じて、適切な指導を行なえるようサポートしています。

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害に含まれる分類):
知的な遅れを伴わない自閉症の分類。コミュニケーションや興味に大きな偏りがみられます。言葉の遅れは見られません。
学習障害(LD):
全般的な知的発達に遅れはないものの、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のいずれかが極端に困難です。
軽度発達遅延・精神遅滞:
言葉の発達に遅れが見られたり、物事を理解することが難しい。軽度発達遅延はおおむねIQ50~70を指します。
注意欠陥・多動性障害(AD/HD):
不注意(集中力がない)、多動性(落ち着きがない)、衝動性(我慢できない)などを特徴とする行動が、幼少期から見られます。

あすなろの家庭教師の管理・サポート体制について

あすなろは担当家庭教師の選定や教育に力を入れています

担当する家庭教師は、学力のほか、お子さんとの相性や意欲などを総合的に判断して選定されます。その後、指導方法や家庭学習の習慣づけ、学習計画の立て方のほか、特性のあるお子さんに向けた指導方法についても十分な教育を受けたうえで、指導にあたっています。

毎月の「指導報告書」から、お子さんの学習状況が把握できて安心です

指導報告書は、お子さんの学習進度や指導内容を担当の家庭教師が明記して、毎月保護者さまにお渡ししています。担当家庭教師より提出された報告書は、あすなろの専門スタッフが管理して、お子さんのより良い学習環境づくりに役立てています。

保護者さまからの声

保護者さまからのお声1:算数に比べて漢字が苦手な様ですが、小学2年生のまとめテストでは、何故か全問正解をとれた様です。
保護者さまからのお声2:ひき続き漢字のフォローをお願いします。短い文しか書けなかったですが、書き方を教わり少しずつ長い文が書けるようになっているので、とても嬉しいです。
ありがとうございます。
保護者さまからのお声3:集中力もついてきた様で、長い時は60分くらい休憩を入れなくても勉強できるようになりました。先生が仰るとおり字を書くことへの抵抗も減ってきているため、学校の授業中も意欲的にノートを取っている様です。

発達障害のお子さんの教え方についてよくあるご質問

発達障害のお子さんの教え方でよくお問い合わせいただくご質問をまとめました。ぜひ参考にしてください。 その他、疑問や質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

発達障害のお子さんについての記事を更新しています

よくあるご質問のなかでも、私たち家庭教師のあすなろに多く寄せられるお声を元に、お役立ち情報を発信しています。

>我が子が発達障害かもしれない、と思ったとき、どうすればいい?

>通級指導教室ってなんだろう。対象や指導内容は?

あすなろの無料の体験授業について

あすなろの体験授業では、発達障害などの特性をお持ちのお子さんにも勉強を通じて「できる!」「わかる!」という自信を持ってもらえるようアドバイスしています。
家庭教師だからこそできる、お子さんそれぞれの特性やペースに合わせた指導があります。
あすなろの体験授業で「勉強の楽しさ」を実感してみませんか。

体験授業についてのご相談窓口はこちら「家庭教師ってどんな感じ?」「体験だけでもいいの?」「今の勉強方法と比べてみたい」などお気軽にご相談ください。「受けてよかった!」と思ってもらえる自信があります。0120-32-4152受付時間/午前9時~午後10時 土日祝も受付しております。

無料の体験授業に申し込む

あすなろについてもっと知りたい方へ


目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する