事例1:大阪府大阪市大正区 中1 男の子
事例2:大阪府大阪市西淀川区 中2 男の子

事例1:野球一筋で勉強を全然やらない。人見知りもあるのでマンツーマンの指導を希望。

ご相談内容

お子さんは表現力や観察力、理解力に乏しいようで勉強は5教科全体的に苦手にしているようです。今公文に通っているようですが、なかなか成果が出ておらず、テストもとりあえず書いているだけになってしまっているとのことです。人見知りもあるので集団塾に通わせるつもりはないようで、公文から個別塾か家庭教師に切り替えたいと思っているとのことでした。野球をしており、野球一筋になってしまい勉強はさっぱりできないというご相談内容です。

家庭教師のあすなろからのアドバイス

まず、お子さんは人見知りが激しいとのことでしたので、先生との相性はしっかり見ていきますとお伝えしました。勉強が嫌いで人見知りのお子さんは、いきなり勉強から始めてしまうと、嫌がってしまう可能性がありますので、まずはお子さんの好きなことから関係を作って仲良くなるところから始めていきましょうとお伝えしました。野球が忙しいとのことでしたので、野球と両立できるように効率的に指導していきましょうとお話しました。

あすなろスタッフから一言

あすなろスタッフ:あべ
人見知りのお子さんには優しく話しやすい先生で、趣味の話や部活の話をして関係づくりをする事を大切にしています。家庭教師が指導に来る時間が苦痛になってしまうと勉強をさらに苦手にしてしまうので楽しく分かりやすい指導を行っています!

事例2:部活に一生懸命で勉強が上手くいかない。その場では理解できているが、時間が経つと忘れてしまう。

ご相談内容

お子さんはサッカーばかりで勉強を全くしていない為、今回の中間テストが悪くご心配されておりました。お子さんのお兄様は自分から勉強をして国立大学に進学された経験があるので、このままではすごく心配とのことでした。お母さんが教えてもその場ではわかったふりをしますが、日が経つとまた分からなくなってしまうとのことで、勉強のやり方から教えてほしいというご相談内容です。

家庭教師のあすなろからのアドバイス

サッカー部に入っていて、部活でもかなり忙しいとのことでしたので、まずは予習と復習を簡単に短時間で効率よくできる勉強のやり方をつかんでいこうと話しました。内容の理解自体はできていますが、定着ができていない可能性が高いので、勉強の習慣をつけていこうと伝えました。基礎をしっかり固めて、問題演習力がつくように、ポイントをおさえた指導をしていきますとお話しました。

お子さんの勉強に関してみなさん様々なお悩みを抱えていらっしゃいます。

一人ひとり状況も違えば悩みも様々です。お子さんに合わせた指導が出来る家庭教師だからこそ、お子さんの悩みに寄り添ってお悩み解決のお手伝いをしていきます!どんな些細なことでも、心配なことや不安なことは何でも教えてください!

あすなろは一番基本になる「学校の教科書」を中心に勉強するやり方やコツをつかませてあげる事を大切にしています。勉強をしていく中で分からない所は前の単元に戻りながら基本を押さえ、理解出来るまでとことん丁寧な指導をお約束します!
「わかる」から自信につながり、自信がつくことで「やる気」になります。お子さんに合わせた指導だから続けられ結果にも結びつきます。

無料の体験授業ではお子さんの様子を詳しく見させていただいたうえで、お子さんにピッタリな勉強のやり方をご提案致します!

体験授業に申し込む


目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

新型コロナウイルスへの対応についてはこちら

無料の体験授業

昨年(2019年)は1,445人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する