ADHDと診断されてしまったが、中学校に向けて何とかしたい

【大阪府大阪市住之江区】中1 男の子

ADHDの特性をお持ちのお子さん。中学に入って困らないようにしたい。

ご相談内容

お子さんは3歳の時に発達検査を受けて、ADHDの診断を受けています。療育を受けたり、小学校は算数と国語に関して支援級で授業を受けていたとのことでした。算数・国語は虫食い式のプリントでやっていますが、理科・社会は板書を写すことをやっているようです。ただスピードが遅かったり、集中力が続かないので、なかなかノートがきれいにかけないようです。中学に入ると内容も難しくなり、スピードもはやくなるのでやらないといけないことは本人も分かっているがどうしたらいいのか分からないというご相談内容です。

家庭教師のあすなろからのアドバイス

あすなろスタッフ:あべ
お子さんは、ADHDの診断を受けているとのことで、集中力が続かないようですので、こまめに休憩を取ることは大事だとお伝えしました。無理に勉強時間を長くとっても逆効果だと思いますので、短時間で集中的にできるようにサポートしていきますとお話しました。まずは、お子さんが理解するまで丁寧に繰り返し教えるところからやっていこうとお話しました。発達障害の特性をお持ちのお子さんには、特性を理解し得意分野を伸ばしていけるような指導をおこなっていきます。

お子さんは、ADHDの診断を受けているとのことで、集中力が続かないようですので、こまめに休憩を取ることは大事だとお伝えしました。無理に勉強時間を長くとっても逆効果だと思いますので、短時間で集中的にできるようにサポートしていきますとお話しました。まずは、お子さんが理解するまで丁寧に繰り返し教えるところからやっていこうとお話しました。発達障害の特性をお持ちのお子さんには、特性を理解し得意分野を伸ばしていけるような指導をおこなっていきます。


あすなろスタッフから一言

中学生になると学校の授業のスピードが速くなるので小学生のうちに予習復習の習慣をつけて授業の要点をつかめるようにしておくことが大切です。ADHDのお子さんが集中できないのは周りに気をとられやすいのが原因のことがあるので机の周りを整頓して置いたり目に映る範囲にできるだけ物を置かないなど工夫も大切ですね!


【京都府京都市左京区】小4 男の子

ADHDと診断あり。高学年になり勉強が難しくなったので、中学に向けて自信をつけさせたい。

ご相談内容

高学年になってきて勉強が難しくなってきたとのことでお問い合わせいただきました。お母さまがもともと教えていたが教えるのも難しくなってきたとのこと。1年半前に検査を受けてADHDと診断を受けているご様子。特性は多動性障害とのことでした。明るくまた少し厳しめの男の先生でお兄ちゃんみたいな感じで教えてほしいとのご要望です。高学年でもあるので、今のうちから中学に上がったときにつまずかないように、小学校の総復習をしてほしいとのことです。自信をもって授業を受けれるようになってほしいとのこと。現在は公文に週2回通っているとのことです。

家庭教師のあすなろからのアドバイス

あすなろスタッフ:はら
小学校高学年になると、算数だと割合や分数や文章問題など、つまずきやすい分野を習うので、学校の授業の中で授業をおさえていく必要があるとお伝えし、まずは学校の授業の予習と復習のやり方を身につけて基礎をしっかりおさえられるようにしていきましょうとアドバイスしました。特に苦手な教科に関しては前の単元にも戻って復習をしながら今の理解を深めていきましょうとお伝えました。今のうちから簡単に出来る予習と復習の習慣を身につけて、中学に上がったときにつまずかない勉強の土台づくりをしていきましょうとお話ししました。

小学校高学年になると、算数だと割合や分数や文章問題など、つまずきやすい分野を習うので、学校の授業の中で授業をおさえていく必要があるとお伝えし、まずは学校の授業の予習と復習のやり方を身につけて基礎をしっかりおさえられるようにしていきましょうとアドバイスしました。特に苦手な教科に関しては前の単元にも戻って復習をしながら今の理解を深めていきましょうとお伝えました。今のうちから簡単に出来る予習と復習の習慣を身につけて、中学に上がったときにつまずかない勉強の土台づくりをしていきましょうとお話ししました。


あすなろスタッフから一言

小学校の勉強は4年生くらいから内容が難しくなります。多動性のお子さんは周りのものに気を取られやすい特性があるので、勉強しやすい環境を作ることも大切です!あすなろではお子さんの特性に合わせて勉強のやり方やペース作りを行っています(*^^*)


あすなろ人気のコンテンツお子さんにお勧めしたいのはこれ

児童心理学を取り入れた魔法の言葉がけ
予習復習計画サポート

あすなろで評判のよいサポート

無料お悩み相談

あすなろでは、お子さんにの勉強に関しての様々なお悩みに応えるために「無料お悩み相談サポート」をご用意し、なかなか成績が上がらない、やる気が出てこない、指導の方法でもっといい方法がないかなどお気軽にお電話くださればサポートさせていただきます。

あすなろ安心サポートについて詳しく見る

無料でお悩み解決のチャンス!あすなろの無料体験について

発達障害のお子さんは年々増加傾向にあります。

私たち家庭教師が事業を通して貢献できることとしては、学校の授業では作れない、お子さんと家庭教師の信頼関係の下、個人体制で指導を行うことだと心得ています。

お子さんによってADHD(注意欠陥多動性障害)LD(学習指導)自閉症スペクトラム等、色んなお悩みがあるかと思います。

家庭教師のあすなろでは主に二つの観点からサポート致します。
1つ目は、内部の人間が専門の知識及び、気持ちを共感することです。発達障害コミュニケーション指導者の資格を取り、社内で指導を行っています。これによりお子さんの気持ちや親御さんのご要望に応えられるよう努力しています。
2つ目は、相性が合う先生を紹介できる体制を整えることです。発達障害のお子さんはより先生との相性や信頼関係が大切になってきます。そのために関西エリアトップクラスの家庭教師登録数、面接基準を設けサポート致します。

無料の体験授業では他社との違いを実感できるかと思います。資料請求だけでも構いません。他社との違いを実感してください。

体験授業についてのご相談窓口はこちら「家庭教師ってどんな感じ?」「体験だけでもいいの?」「今の勉強方法と比べてみたい」などお気軽にご相談ください。「受けてよかった!」と思ってもらえる自信があります。0120-32-4152受付時間/午前9時~午後10時 土日祝も受付しております。

あすなろの体験授業について詳しく見る

無料の体験授業に申し込む

お子さんオリジナルのカリキュラムなら最短で成績アップも可能!

あすなろでは、家庭教師というメリットを生かし、お子さま一人だけに向き合い、解決策やお子さまに合った勉強法を見つけていきますので、お子さまのためだけのカリキュラムで指導が可能です!

授業になかなかついていけないお子さん、1人での勉強の習慣がついていないお子さん、やる気が出てこないお子さん・・・。お子さんの悩みは人それぞれ。誰一人として同じ悩みをもつお子さんはいません。そんなお子さんが最短で成績アップを果たすには、自分の苦手や分からない所に重点をおいた、自分のためだけの学習スケジュールを立て、効率的に勉強を進めていくことなんです!

あすなろなら、現在のお子さんの様子や状況、抱えているお悩みなどを詳しくお伺いさせていただいた上で、お子さんにピッタリの学習方法や目標の設定などを行っていきます。

どんなお子さんにも共通ししているのは「今の現状を何とかしたい」ということです。あすなろは、その想いに応えるべく、全力でお子さんをサポートさせていただきます!
まずは無料体験で「今の現状」をお伝えください。あすなろは、お子さんに合わせた「自信を持って、楽しく続けられる勉強法」を体験授業でご提案させていただきます。

無料の体験授業のお申し込みはコチラ

無料の体験授業に申し込む


目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

新型コロナウイルスへの対応についてはこちら

無料の体験授業

昨年(2019年)は1,445人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する