内申書(調査書)ってなんだろう

内申書(調査書)って何だろう?

内申書とは、受験生が中学生の時にどういう成績を取っていたのか?どういう生活をしていたのか?などを高校に知らせるための書類です。

内申書とよく言いますが、正式には調査書といいます。(このページでは内申書と言います。)内申書は都道府県によっても呼び名は変わり、関西圏では、「調査書」(大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)、「報告書」(京都府)、「個人調査報告書」(滋賀県)と呼んでいます。
高校入試では、学力検査と同等に内申書の成績が評価されるので、内申書の対策が重要になってきます。

高校入試において学力検査と内申書は同等評価

内申書(調査書)に書いてあることは主に3つ!

都道府県によっても変わりますが、内申書に書いてあることは主に3つです。
1. 「学習の記録」、2. 「特別活動の記録」、3. 「出席状況」
高校受験をする生徒さんが「中学校生活においてどんな生徒で、どんな学習状況だったのか」を高校に伝えるための資料で、合否を判定する材料となります。

①学習の記録

いわゆる「内申点」のこと。「評定」欄は、5,4,3,2,1の5段階で記入されます。
基本的に中学校1年生から中学校3年生の各学年の学年末の通知表の成績が記入されます。(中学3年生は2学期までの成績)

以前は、相対評価(例:クラスの中でどれくらいの順位にいるか)で評価されていましたが、最近はどの都道府県でも絶対評価が取り入れられています。

絶対評価って?

絶対評価とは、学習指導要領に示す各教科・学年で学ぶべき目標がどの程度実現できたか、その実現状況をみる評価です。

②「特別活動の記録」

部活動や、生徒会活動、学校行事、ボランティア等、特筆すべき事柄があるときに記入されます。
これは自治体によって変わりますが、特別活動を評価に入れている地域もあります。
特にスポーツ推薦を考えている人はこの特別活動の記録が重要になってきます。

実際に、文部科学省から学習成績以外の記録にも十分に配慮するようにという通達が出ています。

特別活動の記録って大切?

”生徒の個性を多面的にとらえたり、生徒の優れている点や長所などを積極的に評価するため、調査書の学習成績の記録以外の記録を充実し、活用するよう十分配慮すること。
その際、点数化が困難なスポーツ活動、文化活動、社会活動、ボランティア活動などについても適切に評価されるようにしていくことが、望ましいこと。”
高等学校の入学者選抜について(平成五年二月二二日、文初高第二四三号)
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/t19930222001/t19930222001.html

③「出席状況」

出席日数、遅刻・欠席日数が記入されます。

欠席日数が多くなると、入試に不利に働く場合もあります。年間20日や30日を超えると受験に不利だという声も聞きますが、高校によっては問題ない場合もあります。出席日数が心配になった時は、一度学校の先生に相談してみるのが一番です。


内申点を上げる秘訣って?

内申点を上げるためには以下の事が挙げられます。
①中間・期末テストの点数を上げる。
②提出物を期限内に提出する。
③授業態度を良くする。
④実技4教科にも力をいれる。

①中間・期末テストの点数を上げる。

内申点のなかでおよそ7割が中間・期末テストの点数と言われています。つまり、テストの点数を上げることが内申点に直結します。

テスト前だけ勉強するのではなく、普段から学校の授業を押さえる予習復習をしっかりして、テストに備えましょう。

②提出物を期限内に提出する。

中間・期末テストの点数を除けば、次に大きい割合を占めるのは提出物です。
ワークやノートは必ず期限内に提出しましょう。たまに実施される小テストの点数も入ってくる事もあります。

③授業態度を良くする。

内申点の中には授業態度も入ってきます。普段の授業は積極的に参加しましょう。
挙手・発言などをして積極的にアピールし、授業に集中しましょう!お友達とのおしゃべりは厳禁です。

④実技4教科にも力をいれる。

内申点は主要5教科の英語・数学・国語・理科・社会だけではなく、実技4教科の音楽・美術・保健体育・技術家庭にもつきます。

自治体の中には主要5教科よりも、実技4教科の配点が高い所もあります。専門学科(スポーツ科、音楽科、美術科など)などを受験する場合、配点等の確認を志望高校が決まった時に確認するようにしましょう。

大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山の内申点について

大阪府の内申点について

大阪府では中学1年生から中学3年生までの評定が利用されます。
特に、中学3年生の評定は中学1,2年生と比べて3倍になるので、特に中学3年生の成績が重要になります。

もちろん勉強には繋がりがあるので中学3年生から急に勉強を始めるよりも、中学1年生からコツコツ対策を取っていきましょう。

内申点 合計450点
●3学年の評定 各教科5段階×9教科×6倍=270点
●2学年の評定 各教科5段階×9教科×2倍=90点
●1学年の評定 各教科5段階×9教科×2倍=90点

参照:大阪府サイト「公立高等学校入学者選抜」

兵庫県の内申点について

兵庫県の内申点の特徴としては第3学年のみの評定を使用することにあります。
また、実技4教科の割合が高くなってきます。

内申点 合計250点
●主要5教科の評定 (第3学年の)各教科5点×5教科×4倍=100点
●実技4教科の評定 (第3学年の)各教科5点×4教科×7.5倍=150点

参照:兵庫県サイト「令和2年度兵庫県公立高等学校入学者選抜等について」

京都府の内申点について

京都府では実技4教科の評定が主要5教科の評定に比べて2倍あります。
主要5教科はもちろんのこと、実技4教科の対策もしっかりしましょう。

内申点 合計195点
●主要5教科の評定 各教科5点×5教科×3学年分=75点
●実技4教科の評定 各教科5点×4教科×3学年分×2倍=120点

参照:京都府サイト「高校入試情報」

奈良県の内申点について

平成31年までは第2学年の評定が45点分で、第3学年の評定が90点分、合計135点で計算されていました。

2019年8月現在、「各教科とも15点満点で、9教科合計は 135点満点となります。」と記述があり、学年の指定がありません。例年通り第2学年からの評定かもしれませんし、もしかしたら第1学年からの評定が必要になってくるかもしれません。
詳細は2019年9月に発表されるので、詳しくは奈良県のサイトを確認してください。

内申点 合計135点
●9教科の評定 各教科15点×9教科=135点

参照:奈良県サイト「令和2年度奈良県立高等学校入学者選抜概要」

滋賀県の内申点について

滋賀県の内申は中学1年生から中学3年生の3学年分必要になってきます。
学力調査得点:個人調査報告書(内申点)=(7:3)または(6:4)または(5:5)の割合で評価されます。割合は受験する高校によって変わります。

比較的上位の高校ほど内申点よりも学力調査の点数が重要になります。

内申点 合計135点
●9教科の評定 各教科5点×9教科×3学年分=135点

参照:滋賀県サイト「滋賀県立高等学校入学者選抜」

和歌山県の内申点について

和歌山県の内申点の特徴として、中学1年生から中学3年生の3学年分の評定が使用されます。特に中学3年生の内申点は中学1,2年生に比べて2倍で計算されます。

内申点 合計180点
●3学年の評定 各教科5段階×9教科×2倍=90点
●2学年の評定 各教科5段階×9教科=45点
●1学年の評定 各教科5段階×9教科=45点

参照:和歌山県サイト「令和2年度県立高校入学者選抜」参照

あすなろスタッフ:はるみ
内申書の記載事項や高校入試での活用の方法は、都道府県によって違ってきます。
高校受験成功のカギは、普段のどのように学校生活を送っているのか、またどうしたら内申点が上がるのかを理解しておくことがポイントです!
3年生の成績だけではなく、中学1・2年生の成績も大切になってきます。また、3学期制でも2期制でも、学期末に受け取る成績表が内申書に書き込まれることになります。
内申点は入学試験の点数と同等に重要で、高校受験ではとても重視されるものです。主要5教科だけでなく、副教科(音楽・美術・保健体育・技術家庭)の対策もしていきましょう!

受験勉強や内申点に不安がある場合は、あすなろまでお気軽にご相談ください。お子さんの習熟度や目標に合わせた「受験勉強のやり方」を無料体験でアドバイスしています。
高校受験は勉強のやり方とコツがつかめれば、何倍も楽に勉強を進めることができます。「受験生だけど、何から手をつけていいか分からない…」「内申点を上げたい!」そんなお子さんにお役に立てると思います!
ますは無料体験でお試しください!

今なら図書カードプレゼント!無料の体験授業に申し込む 受験勉強についてのご相談窓口はこちら「家庭教師ってどんな感じ?」「体験だけでもいいの?」「今の勉強方法と比べてみたい」などお気軽にご相談ください。「受けてよかった!」と思ってもらえる自信があります。

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する