同志社大学 りょう先生

同志社大学 りょう先生のプロフィール

家庭教師のイメージ画像

同志社大学 政策学部

性格:論理的、説得力がある

部活・特技・趣味

趣味は台湾旅行に行く事です。日本とは全く違った現地の食べ物や文化に触れることが楽しいです。また、スポーツは中学生の頃からゴルフをします。

将来の夢や目標

SCM関連のコンサルティング業務に関わりたい

苦手克服エピソード

中学生時代、英語が嫌いでした。そのため点数はいつも良くなかったです。入試のため勉強をしなければならなくなった私は、嫌いなものを無理に勉強しても意味がないと考えました。そこで単純ではありますが、「嫌い」から「好き」になるためのプロセスを考え、それを実行しました。結果現在では、海外の企業で働ける程度にはなりました。

同志社大学 りょう先生の指導の様子

生徒さんの学年

中2

生徒さんの性格・特性

大人しい

指導先エリア

滋賀県大津市

指導回数

週2回90分

主な指導教科

英語・数学・国語・理科・社会

指導方針

お子さんは小学校の3年生から5年生まで不登校だったので基本的な内容が抜けてしまっているので学校の授業についていけないようなので、学校の教科書の基本に絞って授業を理解できるように指導していきます。
指導日には学校の授業の内容に合わせて必要な範囲で戻り学習を行っていきます。基本的な内容が理解できるように教科書のポイントを押さえて指導していきます。指導のない日は暗記科目や復習を中心に一人でも進められるように計画を立てていきます。夏休み等の長期休暇を利用し総復習ができるように細かく計画を立てていきたいと思います。

不登校のお子さんの指導方法の工夫をご紹介

不登校の生徒さんには、コミュニケーションを取ります。温かい気持ちにさせてあげることも大事にしています。
基本的に指導の最初はどんなことがあっても叱らないようにしています。
不登校の生徒さんは、学校生活が楽しくなかったり、うまく溶け込めないで悩んでいることが多いので、生徒さんから話してくれる時以外は極力学校の行事や友達関係などの話はしないようにしています。
保護者様と玄関先など二人きりになれる時に、失礼にならない範囲で状況を聞き、それに合わせてお子さんとの接し方や指導方法を微妙に修正したりしています。
親御さんとの連携を大切にして、指導を進めています。

ナイーブになりすぎず、でもしっかりと配慮をするという所を目指して指導をしています。
あすなろスタッフ:はら
不登校のお子さんは「同じ目線に立って共感する」ことを大切に指導をしてあげてください。お子さんの気持ちに寄り添って、お子さんのペースに沿って指導をすすめてあげるといいねすね。

体験授業実施中です!

お子さんの状況に合わせて様々な工夫を行っています!
不登校のお子さんは学校の授業が受けられていないので、理解が必要な科目は丁寧に基本から指導しています。
学校に戻ったときについていけるようにしたい、、高校進学はしたいがどうしたらいいのか、、などお子さんも親御さんもさまざまな不安や心配があると思います。

そんな親御さんやお子さんをサポートできるようにあすなろでは有資格者のスタッフを中心にフォロー体制を整えています。
家庭教師の先生と一緒にお子さんの精神面から全力でサポートしています!勉強に困っている・高校進学したいというお子さんはお気軽にお問い合わせください。

まずは無料の体験授業でどんな勉強のやり方があっているのか見つけてみませんか?


目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

新型コロナウイルスへの対応についてはこちら

無料の体験授業

昨年(2019年)は1,445人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する