高校数学 勉強のコツ

高校に入ったら成績が下がった...あると思います。特によく聞くのが数学ですね。この教科はほぼ必ず入試でも必要になってきます。苦手なままにはしたくない、という人は多いと思いますが、数学が苦手な人の数は毎年変わってないように見えます。これは逆に考えれば、数学ができれば周りの人と大きく差を付けることができる、という事です。数学で点を取れるようになるメリットは大きいですよ!

高校と中学の違い

中学校では得意な方だったのに、高校になったら分からないところが増えていって...
そんな高校生はたくさんいると思います。では、高校数学と中学数学では一体何が違うのでしょうか。
大学受験の時に数学が武器になる教科にするために、まずは中学と高校の数学の違いを考えてみましょう。

幾何と代数で分かれている

中学と高校で何が違うかを考えてまず最初に思いつくのが「数学が2つに増えたこと」ですね。中学の時は「数学」という1教科しかなかったのに、高校では「数学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」と「数学A、B、C」のように1学年に数学が2種類あります。それぞれで先生が違い、進め方も違います。2教科いっぺんに勉強しなくてはならないので、中学の倍の量を勉強しなくてはなりません。

イメージが難しい

量だけではなく、中身の部分ももちろん難しくなっています。数学の問題は問題文を読み、方程式を立て、方程式を解く、という順番で解いていいきます。中学の数学では問題文からイメージしやすいので方程式を立てやすく、その方程式を解くだけで答えにたどり着くことができます。それに比べて高校の数学では、答えにたどり着くまでにはいくつかのステップを踏まなくてはいけないので、問題文から答えが直接イメージしづらく、中学と同じようにはいきません。難しい問題ほどステップの数が多く、問題から答えまでがイメージしづらくなっていきます。

計算自体が難解

方程式を立てた後の計算も中学と高校では違いがあります。中学では公式を使って後は四則演算だけという事が多いですが、高校では、平方根、指数、対数など扱う数や公式が増えていき、最後には微分、積分なんてものも出てきます。問題文から方程式を立てることができても、その後にも一苦労が待っているのが高校数学ですね。

論理的思考

論理的思考とは

論理的思考とは、「因果関係を整理し順序立てて考えること」です。この論理的思考は、数学の問題を解くのにとても重要な力です。問題から答えまでをしっかりと順序立てて考えることができれば、あとは間違えすに計算をすれば正解にたどり着くことができます。

よくある悩み

そうは言っても論理的思考力なんてどうやって付ければいいんだと思う人がたくさんいる思います。そこで、数学で論理的思考ができていないお子さんのよくある例を紹介します。よくある例としては、「部分的に考えている」というお子さんがいます。数学では問題から答えにたどり着くために筋道を立てる必要があります。ある部分を個別に考えるだけでは答えにはたどり着けません。

そんなあなたは

部分的に考えてしまうお子さんは問題から答えまでの流れを意識すると良いでしょう。今自分が考えていることが答えまでの一部であると考えて、複数の考えがつながるように意識しましょう。数学で必要なのは問題から考えをつなげていって答えまでたどり着くことです。個々の考えのつながりを意識するようにしましょう。

完璧を目指さない!

大学入学共通テストも二次試験も満点は要らない

大学や短大へ進学するためには当然ですが、入学試験で良い点を取らないといけませんね。ここで、大切なのが問題を出している大学側が求めているのは「合格点」であって「満点」ではない、という事です。大学入試の問題は、限られた時間の中で問題を解くのですべての問題に解答しなくてはいけないわけではなく、確実に点を取ることができる問題から解くことが大切です。

基礎を固めろ!

試験問題の中には、基礎から応用まで難しさの違う問題が含まれています。試験で点を取るために大切なのは、まず簡単な問題を間違えないことです。そのために必要な勉強はいろいろな問題を解くことではなく、基礎をしっかりと固めることです。基礎問題の点数を確実にとるだけである程度の点数になります。さらに、当然ですが、応用問題を解くためには、基礎がしっかりしていなければなりません。点数を取るためにやるべきことは、いろいろな問題を解くよりも先にまず基礎の部分にしっかりと時間をかけて勉強するようにしましょう。

教科書が中心

効率よく勉強をするために、評判のいい参考書を買って勉強するという人もいるかもしれません。確かに参考書にはちょっとしたコツが書いてあったりします。しかし、最も重要な基礎部分は教科書でしっかりと説明されています。さらに教科書には、例題とその答え、練習問題もついています。そして、その基礎の後にちょっとした発展問題があることが多く、教科書のここまでの問題が解けるだけでしっかりとした点を取ることができるようになります。

自分なりのやり方が大切

中学校の時よりも量も質もレベルアップした高校数学は,中学校と同じやり方ではついていけなくなってしまいます。かと言って勉強時間を増やして何とかしようとすると、かなりの時間を取らなくてはいけなくなって、大変ですよね。それに、他の教科や部活もあるので数学ばかり勉強するわけにもいきません。中学校とは違う、自分なりの新しいやり方を身につけることが大切です。しかし、何か特別なことをしようとするのではなく、まずは基礎をしっかりと理解しましょう。まずはこの基礎が短い時間で身につくように自分なりのやり方を身につけましょう。

関連記事があります

社会科見学できるスポットまとめ
中学生と高校生の生活リズムの違い
大学(短大)の選び方について
ノートの取り方と学力は関係あるの?あすなろの解決策を紹介!
中学生と高校生の学校生活の違い

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

新型コロナウイルスへの対応についてはこちら

無料の体験授業

昨年(2019年)は1,445人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する