高校受験で塾と家庭教師の併用は効果的?

高校受験の勉強をするときに、家庭教師と塾を併行で考えられるご家庭もいらっしゃいますよね。ただ、費用がかかるし、成果が出なかったらどうしよう・・・と心配になるご家庭も多いと思います。結論からハッキリ言ってしまうと、併行はオススメしません! なぜなら、併行することに明確な理由がない場合を除いてはむしろ逆効果になってしまうことが多いからです。

併行が効果的な場合と効果的でない場合をご紹介します。お子さんの現状と照らし合わせながら、どのような形で受験勉強に臨むべきか、ぜひ参考にしてください!

塾と家庭教師の併用が効果的なお子さん

塾でしっかりと成果が上がっている

当たり前の事ですが、塾でしっかり成果が出ていれば、お子さん自身も自分の苦手や分からないところを把握できていることが多いです。ただ、塾の授業だけで完ぺきに理解することも難しいので、家庭教師と併行することで塾だとなかなか時間がなくて聞くことができないところまでしっかり解決することができます。家庭教師の「マンツーマン指導」というメリットを最大限に活かしながら、限られた指導時間に効率よくわからない箇所だけを教えるという形でやっているお子さんが多いです。

また、塾での成功体験もあるので、塾で教えてもらっていない教科だったとしても、家庭教師と併行することによってほかの教科もスムーズに成績を上げられるという傾向にあります。

家庭学習の習慣がしっかり出来ている

塾と家庭教師を併行でやっていくと、1週間のほとんどを塾と家庭教師の時間に費やすことになります。しかし、お子さん1人の時に、それぞれの「復習の時間」を取らないとせっかく併行したとしても、どちらの勉強も中途半端になってしまい、成果を上げることは出来ません。忙しい中でも、家庭学習でそれぞれの勉強の予習復習ができる習慣のあるお子さんであれば、併行でやっていっても、効果的に進めることができます。

併用が効果的ではないケース

塾で成果が出ていない

今の時点で塾に行っているのに成果が出ていないということは、「塾での勉強のやり方」自体がそもそもお子さんと合っていないことが考えられますよね。そこを見直さない状態で、さらに併行で家庭教師をつけると、勉強時間も勉強量もお子さんの負担はさらに大きくなってしまいます。結局はお互いがお互いの足を引っ張る形になってしまうんです。 よく、「家庭教師で塾のフォローをしてほしい」とお願いされることがありますが、成果が出ていない塾の勉強で分からないところを家庭教師で質問しようにもどこを聞いたらいいのか分からないという場合が多く、 家庭教師の指導時間も限られているのでその時間をすべて有効に活用していくのはなかなか難しくなります。

塾で成果が出ていないお子さんの場合、まずは、塾、家庭教師という話の前に、そもそもお子さんにあった「勉強のやり方」 は何なのかを見直してあげる 必要があります。

家庭学習の習慣がないお子さん

このケースで多いのが、家庭教師を「安心材料」にしてしまうことです。「塾以外で勉強しないから、家庭教師の時間で勉強してほしい」と頼まれる方が結構多いです。しかし、極端な話、週5回6回塾に通わせていても成果が出ていないお子さんもいらっしゃるんです。その理由は、塾での時間が長い為、「勉強している感覚」だけが膨らんでしまい、一番大切な「1人の時の勉強」をおろそかにしてしまっているからなんです。

どれだけ勉強のサポートを増やしたとしても、結局はお子さんが学校で授業を受けている時間や、家で1人でいる時間の長さにはかないません。なので、単純に塾、家庭教師の時間だけを増やしても成果は上がりません。まずはそういった学校の授業に合わせた予習復習のやり方などのお子さん1人の時の勉強の習慣をつけることが大切です。

大事なのは・・・

受験生を持つお母さんは、時間もなく、切羽詰まった状態で塾や家庭教師を選ぶことが多いですよね。それなのに、当のお子さん自身は危機感もなく、だから、「とりあえず何かしら・・・」ってなってしまいますよね。現在塾に通っているお子さんでも、「塾以外では全く勉強していないから、少しでも勉強時間を増やしてほしいわ・・・」と家庭教師との併行を考えるご家庭からの相談を受けることがたくさんあります。

でもチョット待ってください!本当に必要なのはお子さんに合った「勉強のやり方」をつかませてあげることです。塾や家庭教師を何もしていないのに成績に問題がないお子さんもいれば、週に何回も塾に行っていてもなかなか成果が出ていないお子さんもいるのが現実ですよね。やみくもに数や量を増やすことがお子さんの勉強にとって絶対にいい事とは限らないんです。だから、今こそ一度慎重になって、まずは「今のお子さんの勉強状況」に視点を置いて、本当に合ったものを選んであげてください。

あすなろでは、受験生のお子さん1人1人に対して、ピッタリの「受験勉強のやり方」を教えています。塾で伸び悩んでいるという場合は、成果が出ていない原因を見つけて、もう一度お子さんに合った勉強のやり方を提案しています。1人の時の勉強の習慣がないお子さんは、毎日の勉強の習慣から身につけられるようにしていきます。家庭教師や塾以外の時間も勉強の習慣づけや効率よく勉強するためのやり方が身につくようにサポートするのがあすなろです。

あすなろの受験情報やサポート

そうは言っても、受験生の子を持つ親としては、家庭教師って塾みたいな「受験サポート」とか「受験情報」はないんじゃないの?と心配に思われる方も多いと思います。

安心の受験サポート!

家庭教師のあすなろでは、毎年、多くの受験生を任せていただくため、独自で受験情報を集め、高校選びや受験対策などのサポートをさせて頂いています。高校受験に対して不安があるお母さんのために、あすなろ本部で「受験生を持つお母さんのお悩み相談」にも乗っているので安心です!受験生の指導経験が豊富なスタッフが、一緒に考え、アドバイスさせていただいております。もちろん、お子さん自身からの相談もお任せください!

また、あすなろでは受験生に対して、模試を行ったり、講習会を行ったりしています。志望校の合格判定も出るので、家庭教師の先生と連携を取りながら、その後の受験対策指導にも活かしながら受験勉強を進めていくことができます。

「家庭教師は塾より受験の情報が少ない・・・」なんていうのは一昔前のお話しです!家庭教師あすなろでは、塾にも負けない受験情報、受験対策でお子さんの高校入試をサポートするので、安心してお任せ下さい!!

体験授業でも受験勉強のアドバイスをしています

受験勉強に向けて塾と家庭教師の併行についてお話ししました。塾と家庭教師の併行は、本人のやる気や、勉強の基礎力がかなり大切になってきそうですよね。ですが、そうは言っても1度きりの高校受験、後悔のないものにしたいものです。

あすなろの無料体験授業では、受験勉強に対してそもそもやる気が出ないお子さんから、すでに塾に通っていて、これから家庭教師と併行しようか検討中のお子さん、塾か家庭教師かどちらが合っているのか迷われているお子さん、様々な状況のお子さんに今後の受験勉強の進め方をアドバイスさせていただいています。高校合格が最終ゴールではないので、受験勉強をきっかけに今後の勉強を見直したいというご家庭はぜひお気軽にご相談ください!

関連記事があります

塾と家庭教師、アフターフォローの違いについて
家庭教師と個別指導塾の違い
通信教育で伸びる子・伸びない子の違い
塾・家庭教師・通信教育何を選んだらいいの?
塾と家庭教師教え方の違いって?

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

新型コロナウイルスへの対応についてはこちら

無料の体験授業

昨年(2019年)は1,445人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する