塾・家庭教師・通信教育何を選んだらいいの?

お子さんの勉強のサポートとして、塾、家庭教師、通信教育と本当に様々な選択肢がありますよね。ただ、選択肢が多い分、「どれをやったら成績が上がるの?」「うちの子にはなにが合っているの?」「何を選んだらいいの?」と迷ってしまうご家庭が多いのも事実。もちろんこれだけ選択肢があれば、それぞれにきちんと特徴があり、その特徴に合う子・合わない子がいますお子さん自身に合ったものを選んであげないと結局成果が出ない・・・なんてことになってしまいます

ですので今回は、塾、家庭教師、通信教育について、それぞれの内容や特徴、どんなお子さんが伸びるのかをまとめてみました。ぜひ参考にして、お子さんにピッタリのやり方を決めてあげてください!

塾について

まず塾と一口に言っても、様々な授業形式や授業内容の塾があります。今回は大きく「進学塾」「個別指導塾」「補習塾」の3種類に分けて、それぞれの授業形式や特徴についてお話しします。

進学塾

学校の授業の先取学習を中心に行います。進学校を目指しているお子さんが多く通っていて、授業は学校の授業と同じように講義形式で行われます。レベル、学年別にクラスが分けられており、応用問題に取り組んだり、塾での宿題もかなりの量が出されます。ある程度の学力がないと、学校の授業と同じように「ついていけない!」となってしまいます。上記のように、進学校を目指すような勉強に対して意欲的なお子さんが多いので、負けず嫌いな性格のお子さんは周りと切磋琢磨しながら成果を出すことができているようです。勉強が好きな子や、得意なお子さん向けの塾と言えます。

個別指導塾

ブース型の所と自習室型の所があります。基本的には、塾のテキストを使いながら、学習を進め、分からない所を聞くという形式です。先生1人が、2~5人程度の生徒を教えます。積極的に質問できる子や、そもそも分からない所が自覚できているお子さんであれば、マンツーマンで分からない所を教えてもらうことが出来るという点では、家庭教師と一緒に検討される方が一番多いのが個別指導塾といえます。ただ1人の生徒に付きっ切りというわけにはいかないため、1人当たりの時間が限られ、自習の時間がメインになってくるので、自分のやり方が確立されていないとマンツーマンの時間以外を結局無駄に過ごしてしまうという傾向にあります。

補習塾

学校の授業の復習を中心にやります。1つの教室に様々な学年、レベルのお子さんが集まり、自習形式で学習している中を、1人の先生が回って、分からないところがあれば教えてもらうという形式です。地域密着型の所が一般的で、料金が安く、テスト前にはテスト対策をしてくれるところが多いのが最大のメリットです。授業の形式上、マイペースに進められる子なら問題ありませんが、周りに他のお子さんがいるのでついつい私語を始めてしまったり、性格的にあまり積極的に質問できなかったりするお子さんはなかなか成果が上がりにくいようです。

塾で伸びるお子さんとは・・・

塾で伸びるお子さんの特徴は、「日ごろの学習習慣がついていて、積極的に質問できる」ということです。お子さんが塾のカリキュラムにしっかりついていかなくてはいけないので、勉強のやり方が身についている必要があります。もちろん塾でも宿題が出ますから、計画的に進めていくことも大切です。また、学校の授業内容をある程度理解したうえで塾に行っているお子さんは自分の苦手をすでに自分で把握して、自発的に質問が出来る子が多いので、そういったお子さんは比較的成果が上がりやすいです。また、周りのお子さんにも負けたくないと思えるような負けず嫌いなお子さんも伸びやすいと言えます。

通信教育について

従来は毎月冊子の問題集が家庭に届くものが主流でしたが、最近ではタブレット型タイプのものも広まっており、お子さんにとってより身近で取っつきやすいものも出てきています。料金やシステムも手が出しやすく、今はやっていなかったとしても、過去にどこかの学年でやっていたという人も多いのではないでしょうか。ただ、どうしても自宅で、先生がいない状態でひとりでの勉強になるので、勉強の習慣がないお子さんだと、溜めてしまってあまり続かなかった・・・というお子さんが多いのも事実です。

通信教育で伸びるお子さんとは・・・

通信教育で伸びるお子さんは、「毎日の家庭での学習習慣が身についている」お子さんです。メインとなる学校の授業に合わせて自分で自発的に計画を立てて、それに従って学習を毎日進めていく必要があります。また、「先生」がいない状況で進めていくのでわからない問題があった時に、自分で調べて解決する力も必要です。自発的に勉強が出来るお子さんであれば、調べる力や学習計画を立てる力も身につくので、通信教育でもしっかりと成果を出すことができているようです。

家庭教師あすなろで伸びるお子さんとは・・・

塾や通信教育での特徴に合ったお子さんはどんなお子さんなのかお伝えしてきましたが、どれも共通して言えるのは「勉強に対して積極的かどうか」が大切になってくるというところです。しかし、そうは言っても勉強に対して前向きなお子さんばかりではないですよね。

勉強のやる気づくりから行っています

あすなろでは、そんな勉強に対してあまり積極的になれないというお子さんでも大丈夫です!積極的になれないのには必ず理由があります。あすなろで様々なお子さんを見ていると、その多くが「やり方が分からないから」という理由です。裏を返せばやり方が分かればやる気を引き出すことができるということです。

あすなろではお子さん1人1人に合わせたピッタリの勉強のやり方を見つけていきます。自分に合ったやり方だから、無理なくできるので、長く続けることができて、結果的に成果が出せます。もちろん、ただやり方を教えるだけではなく、お子さんとのコミュニケーションを大切にしながらのやる気づくりもたくさんしています。

どんな勉強方法でも、毎日コツコツ進めていくことが欠かせませんが、あすなろでは家庭教師の指導がない日でも、1人の時に簡単に出来る効率のいいやり方や計画づくりから行っているので、今まで学習習慣がなかったお子さんでも、勉強に取り組むことが出来るんです!

指導時間はマンツーマン指導で、時間全部をお子さんだけのために使うことができるので、分からない所や苦手な所をしっかりと教えてあげることができます。なかなか質問できないという性格のお子さんも、マンツーマン指導で周りを気にする必要がないので、初めは緊張していても徐々に質問してくれる場合がほとんどなので安心してください!

体験授業でお子さんにあったやり方を見つけよう!

あすなろでは、「お子さんに何が合うかわからない!」 というご家庭のために、無料の体験授業を行っています。体験授業では、お子さんの性格、勉強状況、理解力に合わせたお子さん専用の「勉強のやり方」をアドバイスしています。塾や通信教育、何を選んだらいいのか迷われているご家庭は、まずお気軽にご相談ください!

また、「そもそもお子さん自身がやる気がない・・・」というご家庭でも大丈夫です。あすなろの体験授業ではお子さんのやる気づくりから任せていただいています。お子さん自身が「やりたい!」 と思える勉強のやり方から教えていくので、簡単に続けることができるんです!ぜひ体験授業をお試しください!

関連記事があります

はじめての塾・家庭教師選び
塾と家庭教師、アフターフォローの違いについて
間違いだらけの塾選び
家庭教師と個別指導塾の違い
高校受験で塾と家庭教師の併用は効果的?

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

新型コロナウイルスへの対応についてはこちら

無料の体験授業

昨年(2019年)は1,445人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する