高校英語 勉強のコツ

高校に入ったら成績が下がった...あると思います。特に英語は文系・理系どちらでも入試で必要な教科で苦手な人もたくさんいますね。苦手なままにはしたくないけど、勉強しているのになかなか結果が出ない、という人が多いと思います。英語は勉強すれば、点が取れる教科です。ただ、点が取れるようになるまで時間がかかる科目なので、継続して勉強する必要があります。勉強の仕方によって、結果が出るまでの時間が変わってくるので、自分に合ったやり方で勉強していきたいですよね。

英語が苦手な人

中学と高校の英語

高校の英語では中学の英語と比べると、単語量、文章の複雑さ、長文の読むスピードなど、求められるレベルが大幅に上がりますよね。中学の頃はそんなに苦手だと感じていなかった人でも高校に入ってからは一番の苦手科目、という人もいるでしょう。急にレベルアップするので、それに合わせて勉強量を増やすのは大変ですよね。

英語≠暗記

学校のテスト範囲の英語は分かるけど、模試になると全然ダメ、という人がいます。そういう人は完全に暗記だけで英語を乗り切っていた人です。確かに英語に暗記は必要です。しかし、高校からは暗記「だけ」ではいけません。英語には文法だけでも時制や助動詞、関係代名詞、仮定法など様々な項目が合わさってひとつの英文ができています。「なぜ?」、「どうして?」と理由を考えていくことで理解が深まり、不意に出てくる例外や知らない単語が出てきても臨機応変に対応できるようにしていく必要があります。

基礎の基礎ができていない

英語が苦手な人の中には、高校の教科書で英語の勉強をしている人がいると思います。しかし、英語が苦手な人の中には中学英語を完璧に理解できていない人が多くいます。高校の英語は中学の英語の発展版なので、高校の英語は中学英語を理解している前提で進められます。「さすがに中学の英語は分かる」という人もいると思いますが、英語が全然だめだという人は基礎の基礎からまず固めるべきかもしれませんよ。

英語が苦手あなたに必要なこと

まずは基礎

まずは、基礎を固めることです。ここで言う基礎はある程度の英単語量と英文法の基礎です。先ほども書いたように、苦手な人ほど中学校の英語からやるべきです。そして、覚えている英単語はもちろん多いに越したことはありません。例えば、問題に出てきた英単語の8割分からなかったとしたら、どうあがいてもその問題には答えられません。なのでまずは、中学英語の復習とスキマ時間に英単語、というのがおすすめです。

勉強する習慣

基礎を固めるのと同時にやるべきことは、勉強する習慣を身につけることです。まず計画を立て、それを達成するというサイクルを繰り返していきましょう。ここで大切なのは、現実的な目標を立てることです。英語は反復と継続が大切です。毎日少しずつでもいいので英語に触れる習慣をつけましょう。

量よりも質を大切に

勉強するに時に大切なのは「何時間勉強する」というよりも「この内容までやる」という風に勉強時間ではなく、勉強した内容でどれだけ勉強したかを考えましょう。例えば、単語を覚える時に見て覚える人と書いて覚える人がいますよね。しかし、書くのは見るのの3倍は時間がかかります。つまり見て覚えることができれば書いて覚える人の3倍のスピードで勉強を進めることができるのです。

受験までの英語

必要な英語の力

受験に向けて必要な英語の勉強は、英単語、英熟語、英文法、英文解釈、英語長文があります。それぞれの役割は、

  1. 英単語 …全ての土台。これがないと何もわからない。
  2. 英熟語 …文法や長文中の問題を解くのに必要。日本語にもある様な独特な言い回しのこと
  3. 英文法 …これがないと文章が理解できない。長文も読めるようにならない。
  4. 英語解釈…英文の構造を考えること。文法だけでなく解釈もやらないと長文を訳せない。
  5. 英語長文…長い文を読むスピード、体力をつけること。

このそれぞれの力をバランスよく伸ばしていくことが必要になります。

優先順位

必要な英語の力の中で最も必要なのは、みなさんご存知、英単語です。しかし他のもやらないといけません。なので目安として、英単語は毎日繰り返しましょう。英熟語も2日に1回は繰り返しましょう。あとは文法、解釈、長文の順に進めていきましょう。

どのように勉強してくか

まずは基礎です。中学の英語から始めて先ほど挙げた5つの力を伸ばしていき、その後に過去問に取りかかりましょう。英単語や英熟語は必要になる量が多いので継続して行い、忘れてしまったものを反復して身につけるようにすることが大切です。

自分のレベルにあった勉強をしよう

英語の勉強をする時は、その時の自分の実力に合ったレベルの勉強をすることが大切です。いきなり志望校レベルの勉強をしても全く分からず、間違えた問題が多すぎて解説ばかりを見る、という風ではあまり勉強になりません。自分の現在のレベルに合わせた問題を解き、間違えたところを復習するようにして、徐々にレベルを上げていき、最後に志望校レベルの問題が解けるようになることを目標にステップアップしていくように勉強しましょう。

しかし、急に苦手な科目を自分だけで計画を立ててやり始めるのは難しいと思います。さらに自分で自分のレベルを把握するのも難しいと思います。そのうえで自分に合ったやり方を見つけ、その時のレベルを考えて勉強していくためには、しっかりと先を見据えて計画を立てることができる先生が必要になってくると思います。家庭教師をやる・やらないは体験を受けたうえで考えて頂ければと思います。体験だけでも今までと違ったやり方を体験することができると思います。ぜひ一度体験にお申し込みください。

関連記事があります

大学(短大)の選び方について
ノートの取り方と学力は関係あるの?あすなろの解決策を紹介!
受験勉強の息抜きについて
受験勉強っていつからどう始めるの?素朴な疑問にお答えします
LINEでのお申し込み・お問い合わせに対応しました!

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する