高校入試でテストと同様に重要な「内申点」とは?

勉強を頑張る女の子のイラスト

「内申をあと△点上げれば○○高校に届きそう!」「数学・理科の内申はいいんだけど、あとがダメなんだよな…」

という会話が受験生の間で繰り広げられているかは分かりませんが、入試に近づくほどよく聞くようになる言葉に「内申点」があります。入試で重要だという事は知っているけど、実際どれくらい影響するんだろう…と思ったことはありませんか?

また、まだそこまで入試について調べていない人であれば、内申点という言葉について知らない人もいるかもしれません。そこで、今回は内申点とは何か、0から解説していきたいと思います!

内申点とは…?

そもそも内申点とは何か、といいますと、「学校での定期テスト授業態度などを総合的に数値化した点数」です。すなわち、「どれだけ勉強を理解しているか」+「どれだけ積極的に勉強しているか」を点数にしたものになります。

副教科が意外と重要!

内申点は、国・数・理・社・英の「5教科」と、「技術・家庭」、「音楽」、「美術」、「保健・体育」の「副教科」と呼ばれる4教科を含めた、計9科目が対象となります。それぞれの教科の点数が1~5点となっている場合が多いので、最高点は45点となります。

この配点基準を見ると、9教科のうち4教科はいわゆる「副教科」なので、約44%もあります。なので、5教科以外の勉強も侮ることが出来ません。

では、この内申点って、具体的に何の要素から決められているのでしょうか。

内申点を決める3つのポイント

1.テスト

何といっても、定期テスト・小テストの成績は重要です。定期テストの勉強をすることが内申点で高得点を取る為の近道です。

2.課題

授業の後に宿題が出されると思いますが、これも結構重要です。宿題の問題の正誤はそこまで問われないと思いますが、きちんと期限までに提出されているかは厳しく見られています。テストが満点だったとしても、課題が出せていないと内申点が5でないこともあります。

3.授業態度

意外と見落とされがちなのがここです。授業中の挙手・発表や、グループワークでの積極性などは結構見られています。授業中に居眠りしてしまったり、周りの友達と談笑しているのはもってのほかです。

定期テストの点数が低い人が、定期テストの点数が高い人よりも内申点が高いことがありますが、それは課題や授業態度での評価によるものです。「テストで点取れてるから、授業適当に受けても大丈夫だよね~」と思っている人は考え直した方がいいです!

絶対評価と相対評価

テストに関わらず、あるものを点数評価するには2種類あり、絶対的な基準によって決定される「絶対評価」と、他人との比較で決まる「相対評価」があります。内申点の場合、昔は相対評価で決められていたようですが、最近は絶対評価で決められていることが主流のようです。従って、内申点を上げたい時は、周りの人は気にせず、テストの点数をとにかく上げることに集中しましょう!

内申点の重みは自治体によって異なる

入試での内申点の扱われ方は都道府県によって異なります。具体的には、

  • 試験の点数と内申点の配点比率
  • 1~3年の評定の内申点としての使われ方

などが変わってきます。例えば2020年度大阪府全日制普通科入試の例を挙げてみますと、

試験:内申点 = 1:1

内申点の決め方…1年生時の評定×2+2年生時の評定×2+3年生時の評定×6

となっています。

試験と内申点の比率が半々である所が大半ですが、受ける科や枠によってその比率は変わるところもあるかもしれません。

内申点については、都道府県でかなり異なりますので、受験する高校のある都道府県の点数を調べてみてください(「都道府県名 高校受験 配点」でネット検索すると調べることが出来ます)。

まとめ

試験と同様に重要な内申点について、概要を説明しました。

高校入試のうち、試験は当日で決まるものに対し、内申は中学校生活の中で決定されるものです。

筆者の体験談ですが、第一志望高校の入試の平均点数自体はなんとかクリアできそうだったものの、内申点が大きく及ばず、入試4ヶ月前に志望校を泣く泣く変更した経験があります。5教科の試験はそれなりに勉強して良かったものの、副教科を全く勉強せず、低い内申点だったことが原因でした。

今中学生の方や、中学生のお子さんを持つ親御さんは、このようなことにならないよう、定期テストだけでなく、副教科授業態度にも気を配りながら日々の学生生活を心がけて行きましょう。

関連記事があります

受験勉強っていつからどう始めるの?素朴な疑問にお答えします
部活・習い事で忙しい子の勉強方法って?
授業のポイントをつかむコツとあすなろの解決策!

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する