中学生と高校生の生活リズムの違い

受験も無事終わって高校生活に胸を膨らませる人がほとんどですよね。ただ、中学の時とは生活リズムがガラリと変わるので、慣れない間は大変かもしれません。慣れない生活で体調を崩してしまってはせっかくの高校生活が台無しになってしまいます。今日は中学生と高校生の生活リズムの違いを紹介していくので、楽しい高校生活にするために備えていきましょう。

中学と高校では

通学時間

中学までだと学区が決まっていて、ほとんどの人が学区内の学校に通っていたと思います。しかし、高校になると電車やバスなどの交通機関を使って登校する人も多くいます。そういう人たちは通学時間が長くなり、朝早く起きなくてはいけなくなります。それに加えて、部活をしてから帰ると家に着くのは夜遅くなる、という人もいます。

学力の近い人が集まっている

学校から家が近い人が通う中学校と違い、入試を受けて入った高校は学力の近い人が集まってきます。そのため、少しサボったりすると勉強についていけなくなってしまうので、中学校の時よりも気が抜けないと思います。勉強時間を取るのが中学よりも大変になって、寝るのが遅くなったりしてしまう、なんてこともあると思います。

生活リズムをつかむためには

中学と置かれている状況が変わって、忙しくなってくる高校生活だからこそ生活リズムを整えることが大切になってきます。寝る時間と起きる時間を固定すると、生活リズムが整えやすくなります。夜更かししたりして睡眠時間を減らすと、授業中に眠くなってしまうことがあるので、睡眠時間はしっかりと取るようにすることが大切です。

自由なところが増える

学校の行き帰り

中学の時は家から学校、学校から家と行く途中にどこかに寄ったりすることはなかったと思います。遊ぶ時は一度家に帰ってからというのが一般的でしょう。しかし、高校生になると学校の行き帰りに遊ぶことの方が多くなります。下校時に友達と寄り道したり、部活終わりにご飯を食べに行ったりと、中学の時と比べて行動範囲も広がります。

部活は強制ではない

中学校では必ずどこかの部活に入らなくてはいけない、というところもあります。しかし、高校では部活動が強制であることはまずあり得ません。部活に入らずに勉強したり、友達と遊んだり、バイトをしたり、趣味に時間を使ったりといろんな人がいます。部活では、県外まで遠征に行ったり、合宿に行ったりということもありますし、普段から遅くまで練習している部活もあります。とにかく授業後は自分の好きなように時間を使うことができます。

けじめをつけるべし!

自由時間が増えて、行動範囲も広がるといろいろとやってみたいことも増えていくと思います。しかし、高校生は勉強もしっかりとしなければいけません。遊びばかりで勉強をおろそかにしないようにしっかりとオン・オフを切り替えましょう。勉強する時はしっかり勉強する、遊ぶ時はめいっぱい遊ぶ、けじめをつけることが大切です。

イベントに左右される

定期テスト

高校生で必ずあるのが定期テストです。中学の時でも定期テストはありますが高校のテストは教科が増え、内容が難しくなるので中学の時よりもきつくなります。テスト期間になってから勉強を始めると夜遅くまで勉強しないといけなくて、生活習慣が崩れてしまう人が多いでしょう。定期テストはくることもくる時期も大体決まっているので、早めから準備して、あまり生活習慣を崩さないようにしたいですよね。

学校行事

高校生活の大イベントと言えば文化際、体育祭は必ず挙げられると思います。この2つはイベントの準備にかなりの時間がかかります。中学と違い、文化祭の出し物や体育祭の練習など、生徒が主体となって準備、運営をしていくので、友達や一緒に準備したクラスメイトとの仲も深まります。この準備期間中は遅くまで学校に残って準備、練習することが出てくるので、生活が乱れがちです。準備に気合を入れすぎて当日に体調を崩す、なんてことのないようにしましょう。

部活の試合、合宿

高校の部活、特に運動部では中学の時と比べて遠くまで試合に行ったり、県外に合宿に行ったりと、部活関連でも遠出することが増えます。試合に合わせて練習もハードになったりと、部活中心の人はそれに合わせた生活をしますよね。部活から帰ってきたら、すぐ寝てしまうとかよくあることだと思います。中学の時と違って部活の時間も長くなるので、部活をガンガンにやろうと思っている人は勉強とのバランスをちゃんと取らないといけません。

なるべく変わらないリズムで

今回書いたように,中学生と高校生では生活にかなりの違いが出てきます。高校生は中学生と比べて自由に使える時間は増えますが、学校行事や部活、テスト勉強などにかける時間は中学の時と比べてかなり多くなります。この使える時間の多さと勉強に必要な時間のバランスが取れず、不規則な生活をしていては、体調を崩してしまいますし、勉強にも遅れが出てしまいます。だからこそ、定期テストなどは早めから準備して、生活リズムを崩さないように心がけましょう。

関連記事があります

高校英語 勉強のコツ
社会科見学できるスポットまとめ
LINEでのお申し込み・お問い合わせに対応しました!
中学生と高校生の学校生活の違い
高校生の進路の決め方について

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

新型コロナウイルスへの対応についてはこちら

無料の体験授業

昨年(2019年)は1,445人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する