自由研究のまとめ方

皆さん夏休みの宿題は順調ですか?
最近では選択制になってやらない学校も増えているそうですが、読書感想文と自由研究がザ・夏休みの宿題って感じでしたね。
家庭教師のあすなろでは夏休みの宿題お助けキャンペーンを実施中なので、ご興味のある方はお問い合わせください!

2023年7月12日更新期間限定キャンペーン【7月20日開始夏休みの宿題応援キャンペーン】

必要なものの準備

まずは自由研究のまとめに必要なものや、あると便利な道具を確認します。
必要なものとそうでないものを考えて、たりない物があったら用意しましょう。

  • 自由研究の資料や内容のメモ
  • 自由研究の内容を示す図、表、写真など
  • 仮レイアウト用の紙、下書き用の鉛筆や消しゴム
  • 模造紙
  • 清書用の黒ペンやカラーペン、マーカーなど
  • 定規
  • のりやセロテープなど

模造紙は文房具店や100円ショップなどに売っています。特に指定がなければ方眼紙タイプがおすすめです!

まとめるときのコツ

まとめるときのコツを4つ、手順通りに紹介していきたいと思います。
自由研究のまとめに入る前によく読んでおいてください。

先にレイアウトを決めておこう

まとめ方のコツ1つ目は、レイアウトの仮決めです。いきなり模造紙に書きはじめるのではなく、別の紙を使って、先におおまかな配置を決めておきましょう。

自由研究の内容をいくつかの項目にわけたら、ルーズリーフなどに各項目を配置してみます。簡単な設計図を作るようなものと考えてください。

タイトルや見出しはどこに置くか、文字はどのくらいのスペースにおさめるか、絵や写真はどこに何枚貼れるかを紙に書いてみて、全体の仕上がりをイメージしましょう。

このとき、本文などを細かく書き込む必要はありません。何をどこに書くか、位置とバランスが決まればOKなので、項目ごとの枠だけ書いておきましょう。

下書きをしよう

まとめ方のコツ2つ目は、必ず下書きをすることです。模造紙にいきなりペンで書き始めるのは失敗のもとです。

別紙でおおまかなレイアウトを決めたら、まずはそのレイアウトの枠を、鉛筆などの消せる筆記具で模造紙に写しましょう。その後、それぞれの枠の中にタイトルや見出し、本文などをすべて下書きしていきます。

ここで下書きした内容を清書のときにペンでなぞることになるので、省略はNGです。文章もイラストも全部、鉛筆でしっかり書き込みましょう。

また、下書きだからと雑に書かず、ていねいに書くよう心がけてください。下書きは一番大切なステップです。ここでのていねいさが完成したときの仕上がりを左右します。

全体のバランスをチェックしよう

下書きが完成したら、さあ清書!、ではありません。清書する前に、必ず全体のバランスをチェックすること。これが、まとめ方のコツ3つ目です。

大きな紙に、文字や絵をバランスよく書くのは簡単ではありません。気づかないうちに文字が小さくなったり、ななめになったりするのはよくあることです。

下書きが完成したら、壁に貼ったり、だれかに持ってもらうなどしましょう。これでOK!となったらいよいよ清書に移ります。

下書きどおりに清書しよう

まとめ方のコツ、最後の4つ目は、下書きどおりに清書することです。

多くの場合、清書で下書きと違うことをすると失敗してしまいがちです。配置や文字サイズなどの変更は、下書きのうちに終わらせておくのが失敗しないコツ。清書でのアドリブは原則NGです。

そのためにも、下書きのときに試行錯誤して、構成や全体のバランスチェックに時間をかけましょう。下書きが一番大切なステップだと言ったのはこのためです。

この方法はポスターなどにも応用できます

さて、紹介した4つのコツですが、ポスターを書く課題などにも同じ手順とコツで応用することができます。読書感想文も下書きが一番大事だというのは変わりませんね。
家庭教師のあすなろは8月31日までの限定で、体験授業を受けてくれた方全員に、読書感想文作成キットをプレゼントしています!この機会にぜひお問い合わせください。

関連記事があります

中学生と高校生の生活リズムの違い
あなたは朝勉強派?それとも夜勉強派?
【苦手を得意へ!】社会の勉強方法を紹介!
文理選択で迷っているお子さんへ
【高校受験に向けて】志望校を選ぶ上でのポイント

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2023年)は1,000人以上が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する