【中1数学】正の数・負の数って何だろう?

こんにちは。家庭教師のカワイです!

この春から中学校に入学したお子さんや保護者さま、おめでとうございます!新しい生活が始まったばかりで、まだ慣れないことがたくさんあると思いますが、勉強は最初がとても大切ですよ!

このサイトでは、家庭教師のあすなろ関西による勉強のお役立ち情報を随時発信しています。

そのコーナーの一つとして、ここでは中学1年生の数学について優しく解説していきますね。

これから中学校の勉強に取り組むお子さんも、勉強の復習に取り組むお子さんも、一緒に頑張っていきましょう!

 

今回は、中学1年の最初に出てくる「正の数」「負の数」について解説していきます!

今まで全く知らなかった「負の数」という概念に苦手意識を持つお子さんも多いですが、理解すれば簡単ですので丁寧に見ていきましょう!


あすなろには、毎日たくさんのお悩みやご質問が寄せられます。
この記事は数学の教科書に基づいて中学校1年生のつまずきやすい単元の解説を行っています。

参照元:文部科学省 学習指導要領「生きる力」

正の数とは?

正の数とは、0より大きい数のことを指します。

  • 「1,2,3…」といった整数
  • 「3.25」「0.8」のような小数
  • 「3/5」「17/35」のような分数

など、これらはすべて正の数です。どのような数であれ、0より大きければ正の数です。

正の数では「+1」のように、数字の前に「+」の記号を付けることがあります。(付けない場合が多いです)

この「+」正の符号といいます。

負の数とは?

負の数とは、0より小さい数の事を指します。

とは言われても、「0より小さい数なんて必要あるの?存在するの?」って思うかもしれません。

でも負の数は数学でたくさん登場しますよ!また、結構身近なところに使われています!

分かりやすい例を紹介します。

「気温」を想像してみましょう。

冬になると0°C近くまで気温が下がることがあると思いますが、これをどう表現していますか?

0°Cより3.5℃寒くなった場合、「-3.5°C」と表現しますよね。これが身近な負の数です。

温度計の図
温度計の図

上に表したような「-3.5°C」には数字の前に「-」が付いています。この「-」の記号を負の符号といいます。

注意点は、負の符号は正の符号と異なり、負の数の時に必ず付きます!忘れないようにしましょう。

上の説明では、負の数の中でも少数を例として挙げましたが、もちろんそれ以外の数でも0より小さければ負の数です。

例を挙げると、

  • 「-1,-2,-3…」のような整数
  • 「-10.3」「-5.12」のような小数
  • 「-1/3」のような分数

などがあります。

自然数とは?

「自然数」は聞いたことが無い方が多いのではないでしょうか?大切な言葉なのでしっかり意味を覚えましょう!

「自然数」とは、正の整数のことです。

例を挙げれば、「1,2,3…」など、物を数えることができる数や順序で用いるような数字のことです。

小数や分数は含まれませんので注意しましょう!

0は自然数に含まれない!

自然数は0を含みません。

これは自然数という言葉の起源に関係があります。

自然数は昔の人が「物」を主体とした際の考えです。そのため、「0」つまり「物がない」という状況では、数える必要が無かったのです。その結果、0は自然数ではありません。

(※高等数学では0を含むと考える場合もありますが、少なくとも中学のうちは0は自然数に含まれません!)

整数とは?

ここまで「整数」という言葉を多く使ってきましたが、整数についても正しい定義を知っていますか?

整数とは、

  • 0
  • 自然数 [1,2,3,4…]
  • 負の整数(=自然数に負の符号をつけたもの) [-1,-2,-3,-4…]

を含めたもののことを言います。

整数についての数直線
整数についての数直線

気づきましたか?実はここまで「0」が正の数か負の数か伝えてきませんでした。

なぜなら、0は正の数でも、負の数でもないからです。忘れてしまいがちなので注意しましょう!

0は、整数ですが、正の数でも負の数でも自然数でもないのです。

まとめ

今回理解してほしいことは、「負の数」が存在するということです。

小学校までの範囲では、数と言えば「0」と「正の数」だけでしたが、中学校ではそこに「負の数」が加わります!

これからの学習では、負の数が加わった足し算・引き算などが出てきて本格的に数学らしくなっていきます。

しかし、不安になる必要はありません!基本的な暗記や知識を身につけながら、段階的に学習を進めていけば大丈夫です。一緒に頑張っていきましょう!

やってみよう!

問1

この中で正の数、負の数、自然数、整数をそれぞれ選んでみよう。

0、12、-2.5、2/5、0.3、4/11、2、-8、-8/9

答え

  • 正の数:12、2/5、0.3、4/11、2
  • 負の数:-2.5、-8、-8/9
  • 自然数:12、2
  • 整数:0、12、2、-8

関連記事があります

【中1数学】数の範囲や四則計算の関係について解説!
【中3数学】素因数分解とは?平方根を整数を含んだ形にする方法を解説します!
【中3数学】因数分解のやり方を解説!(その2)
【中3数学】円と相似について解説!(円とその内外側の線分による図形の関係)
【中1数学】「文字と式」文章で表された数量の関係を文字式で表す問題を解説!

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2020年)は1,000人以上が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する