英語での数の言い方を解説します!(日付・回数・序数編)

こんにちは、あすなろスタッフのカワイです!

前に英語での数字表現を解説しましたが、実は、通常の数字の表現で表すことが出来ない場合があります。日本語でいうと、「いち」「に」「さん」が通常の数字であるのに対し、「ひとつ」「ふたつ」や、「ついたち」「ふつか」などの表現もあるように、英語でも「日付」「回数」「分数」などの表現が通常の数字と異なります。

今回は、それらを表すための数字について解説していきます!

「●番目」の表現はどうなるの?

日本語では、「いち」番目、「に」番目などと、通常の数字(基数)で表されるものですが、英語では異なります。では、1から順に見ていきましょう。

1番目 first 1st
2番目 second 2nd
3番目 third 3rd
4番目 fourth 4th
5番目 fifth 5th
6番目 sixth 6th
7番目 seventh 7th
8番目 eighth 8th
9番目 ninth 9th
10番目 tenth 10th

1番目のfirstや2番目のsecondはよく聞いたことがあると思いますが、その先はあまり聞き覚えがないかと思います。しかしながら、4番目以降は、普通の数表現に似ている(または、ただthをつけただけ)ものが多いので、比較的覚えやすいかと思います。

そして、これらには非常に簡単な表現方法もあり、数字+末尾2文字で表すこともできます。読み方は同じです。

11番目 eleventh 11th
12番目 twelfth 12th
13番目 thirteenth 13th
14番目 fourteenth 14th
15番目 fifteenth 15th
16番目 sixteenth 16th
17番目 Seventeenth 17th
18番目 eighteenth 18th
19番目 nineteenth 19th
20番目 twentieth 20th
30番目 thirtieth 30th
40番目 fortieth 40th
50番目 fiftieth 50th

11番目も同様に、基本の数字にthを付けただけの形になります。12番目だけtwelfthと若干変わった形となるので注意です。

では、21番目以降のtwenty-one等はどのような表現になるかというと、

21番目 twenty-first 21th
22番目 twenty-second 22th
23番目 twenty-third 23th

このようになります。

ここまで紹介してきたこれらの数字というものは、「日付」にも用いられます。(●月の▲番目の日という考え方)

ここまで説明してきたものは、序数と呼ばれます。この序数を用いて表すものが他にあるので紹介します。

分数はどうやって表現するの?

英語を学んでいく上で、なかなか分数を目にすることはないですが、表現方法を知って損はないので、覚えていきましょう。

分数のうち、ーの下の上の部分を分子、-の下の部分を分母といいますが、英語の場合、分子→分母の順で言います。日本語では分母→分子の順で言うので、異なりますね。

また、分子を数字、分母を序数で表現することになります。

例えば、

$$\frac{1}{3}$$

という分数があった時、one-thirdと表現します。

回数はどうやって表現するの?

回数を表現するとき、通常の数字は用いられず、これも特別な表現方法が用いられます。

1回 once
2回 twice
3回以降 基数+times

1,2回のみ変化し、3回目以降はthree times,four times…という風に普通の数字を入れて、timesとつけるだけでOKです。

まとめ

いかがでしたか?日本語ほど多くはないですが、英語にも幾つか数える表現があることが分かってもらえたでしょうか?英語の表現について色々知ると、日本語との違いに気づくことが出来て、面白い発見があるかもしれません。もし興味があれば、自分で調べてみてはどうでしょうか。

家庭教師のあすなろでは、ただ勉強を教えるだけでなく、英語を楽しんで学ぶことが出来る方法を教えてくれる先生が多数在籍しています。もし、勉強のやり方が分からなかったり、もっと楽しく英語を勉強する方法を知りたい方がいたら、是非無料の体験授業を検討してみて下さい!

関連記事があります

【中1数学】比例のグラフの書き方とそのグラフの特徴について知ろう!(その1)
【中3数学】多項式を展開するときの4つの便利な公式を覚えよう!
【中学地理】世界の気候と暮らし(寒帯・亜寒帯)
【中2数学】単項式ってなに?多項式ってなんだろう?
【中1数学】小数点や分数を含んだ1次方程式を解けるようになろう!

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する