テスト前日の過ごし方はどうしたらいい?

お子さんはテスト前日をどのように過ごされているでしょうか?

テスト前のコンディションについての意識は人それぞれで、普段以上に勉強する方もいれば、殆ど勉強しない方もいると思います。親御さんの中でも、睡眠や食べるものに気を遣われる方もいれば、そこまで気にしない方もいると思います。

本当に人それぞれだとは思いますが、今回は比較的気にされる方に向けて、私が実際に効果があったのではないかと思う経験を含めてお伝えできたらと思います。

テスト前日の勉強

前日に勉強はした方がいい?

テスト中の女の子(いらすとや)

まず、「前日に勉強するべきか」という問題ですが、私の経験からは、今までの勉強のおさらい程度に留めておくことをおすすめします。

何故なら、前日に本格的な問題演習をしてしまうと、分からない部分がいくつか出てきて、当日の不安の種となってしまうからです。まんべんなく勉強したと思っていても、苦手な部分や漏れはどうしても出てきます。いくら賢い人であっても、100点を取るのはとても難しいです。

どのような勉強がいいの?

前日に勉強して効果があるのは短期記憶なので、英単語の復習等の暗記物や、以前に間違えた事のある問題の復習などが良いと思います。暗記や復習は定着度を上げられるのでオススメです。私も、大学入試の前日に地理の特産物の暗記をしたら、当日に出て大成功したことがあります。

逆に、応用問題やったことのない問題に手を出すことはおすすめできません。これは上で説明した通りです。

前日に勉強しないのはアリ?

逆に、テスト前日に全く勉強しないのはどうでしょうか。例えば、定期テストの準備を2週間前位から進めて自信がある、という方ならば、しなくてもいいかもしれません。

しかし、多くの方は部活やクラブチーム、習い事などで忙しく、十分な勉強が出来ずに前日を迎えるお子さんが多いと思います。なので、上で紹介した暗記物や復習などのやりやすい問題・解きやすい問題を勧めて勉強に触れさせることをオススメします。当日の心のゆとりにも繋がりますよ。

オール(徹夜で勉強)はするべき?

徹夜明けの男の子(いらすとや)

前日に勉強した方がいいとは言いましたが、オール(徹夜)は断じてするべきではありません!無意味とは言いませんが、ほとんどの場合上手くいきません。

それどころか、オールによる睡眠不足は集中力を著しく低下させるので、勉強した問題はおろか、普段解ける問題も解けないという最悪の事態に陥ります。

前日までの勉強が足りず不安になる方の気持ちも分かりますが、後述するように睡眠はしっかり取って、解ける問題を確実に解く方が生産的なので、もしお子さんが徹夜しているのであれば、止めてあげた方がいいです。

それでも勉強をしたいということであれば、オールをするのではなく、早起きして頭がすっきりした状態で勉強をする方が良いです。

自力で普段より早起き出来るお子さんはめったにいないと思いますから、起こしてあげることで十分協力になります。

テスト前日の食事

消化の良い食事が良い

テスト前日は普段通りの食事で大丈夫だと思いますが、強いて言えば、消化の良いものやブドウ糖を摂取できる炭水化物がメインの食事にすると良いと思います。うどんやご飯、パスタなどがおすすめです。また、脳がブドウ糖からエネルギーを産生する働きをもつビタミンB1を摂取できる豚肉を取るのもおすすめです。

「かつ」は前日は控えよう

とんかつ(いらすとや)

テスト前日の食事で験担ぎで「かつ丼」や「とんかつ」を食べる人は少なからずいるかと思いますが、これらを食べるのは要注意です。揚げ物は消化が悪く、前日に食べても当日まで胃に残ってしまう可能性があり、集中力低下の要因になってしまいます。

また、生もの(牡蠣やハツ生など)も食あたりの可能性があるので、やめた方が良さそうです。

テスト前日の睡眠時間・起床時間

睡眠時間は6時間・7時間半が理想

起床した女の子(いらすとや)

脳から記憶を引き出すには睡眠時間が非常に重要です。

睡眠時間については、人の睡眠の深浅が1時間半周期なので、6時間か7時間半にするとスッキリ目覚めることが出来るようです。

そして、これは前日だけでなく数日前から行うほうが習慣づいて良いと考えられます。普段の睡眠時間がかなり短く、前日から当日だけ理想の睡眠時間に変えると、生活リズムを崩すことになり、かえって体に悪影響を及ぼす可能性があります。

試験開始3時間前には起きた方が良い?

テスト開始の3時間前には起きた方が良いと言われています。というのも、脳が起床から3時間後に活性化するとされている為です。

しかし、これには科学的な根拠が無く、起きてすぐの方が脳が動きやすいという人もいたり、それより遅い人もいるので、普段の朝の様子から逆算して考えるのがいいと思います。

当日の準備

前日のうちにしておくのが良い

筆記用具(いらすとや)

心のゆとりにつながるので、テストの準備は前日にしておきましょう。

テストで必要と思われる主なものをまとめてみました。

  • 鉛筆・シャープペンシル・替え芯
  • 消しゴム
  • 時計
  • 参考書
  • 目薬
  • 受験票・身分証等

鉛筆・消しゴム等はいいと思いますが、時計が忘れがちです。学校の定期テストであれば教室の時計があることが多いですが、学校外の試験や高校受験となると時計が部屋内にあることが少ないので、用意が必要です。

前日に準備するメリットは、心のゆとりだけでなく、準備不足に対応できることにあります。もし前日に気付くことが出来れば、買いに行ったり用意することができると思います。

資格試験や高校受験で受験票を持っていくのを忘れてしまったら、当日会場で手続等慌てることになるので、必ず前日のうちに用意しておくべきです。

【まとめ】当日に不安を残さないように過ごそう!

テスト当日によい結果を残すためには、余裕をもって臨むことが重要で、その為に前日の過ごし方が大切になってくるとおもいます。普段からこのように考えて過ごすのは大変だと思いますが、前日は頑張って実践してみましょう。


ここまで勉強や生活の面での過ごし方を記してきましたが、親御さんの中には、「忙しくてそこまでお子さんを気に掛けられない…」という方も多くいらっしゃると思います。そんな方に家庭教師のあすなろがおススメです!

家庭教師のあすなろには、日々の勉強やテスト対策のみならず、テスト前の過ごし方についても親身にアドバイスが出来る先生が多く在籍しています。もしテスト前の過ごし方についていつも困っているという方は、ぜひ家庭教師のあすなろを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事があります

実は内申点には重要!副教科の教科別テスト勉強のコツ
部活・習い事で忙しい子の勉強方法って?
これは効果があった!家庭教師が実感したテスト勉強のやり方

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2020年)は1,000人以上が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する