高校生の暗記法~日本史編

高校で日本史が必要な人といえばほとんどが文系だと思います。その中でも私立の入試で使う人や大学入学共通テストでだけ必要な人など、どれくらい重要なのかは人それぞれでしょう。しかし、文系ならば1回は学校で定期テストを受けるはずですよね。日本史は暗記量が多くてテストの対策だけでも大変だと思います。受験に使う人は膨大な量の暗記が必要になってしまいますよね。今回はそんな日本史の勉強法について書いていきたいと思います。

日本史の苦手な人

定期テストを甘く見ている

学校の定期テストの多くは入試問題に比べればかなり簡単です。しかし、この定期テストは日本史の受験勉強において大きな効果を持っています。日本史は受験前にまとめて暗記しようとすると、膨大な時間が必要になってしまい、他の科目の時間を取ってしまいます。そのようなことを避けるためにも学校の定期テストを復習に使って、基本的なところは完璧にしておくことが理想ですね。

苦手な人がいきなり教科書を理解しようとする

日本史が苦手な人でよくあるのが、苦手な人なのに最初から教科書を読んで理解しようとする人です。たしかに教科書には、重要な用語、人物名、年号などが順序立てて載っていますが、そんなに簡単に全てを覚えるほど甘くはありません。日本史の苦手な人はまず歴史の流れから理解するべきなのです。

資料集を使わない

日本史が苦手だという人の多くは勉強に資料集を使っていません。教科書は活字がメインですが、資料集は絵や写真が多く載っています。字がメインの教科書だけで勉強するよりも資料集の絵や写真を使って勉強することで頭の中でイメージしやすくなります。また、資料集には教科書によりも詳しい解説が載っているため、教科書だけで勉強するよりも理解が深まります。ただし、資料集だけで勉強するのは難しいので、教科書と一緒に使う必要があります。

日本史の勉強法

まずは流れを理解する

日本史の勉強の第一段階は歴史の流れを理解することです。歴史の流れを理解するのにおすすめなのが歴史マンガを読むことです。歴史マンガは幅広い範囲の歴史の流れを理解することができ、活字の教科書を読んで理解するよりも、親しみがあって読みやすいマンガの方が理解しやすく、頭の中で整理しやすいです。あらかじめマンガで理解することで複雑な問題に出会った時も、問題のイメージがしやすくなります。歴史の流れをつかむ段階では、用語や人物名を覚えるよりもストーリーをしっかりと理解することが大切です。

流れをつかんだら教科書

歴史の流れをひと通り掴むと、教科書を読んだときに頭の中でイメージをしながら読み進めていくことができます。日本史の教科書は重要な内容がコンパクトにまとめられているので勉強の中心になるのはあくまで教科書です。流れをつかんだ後に教科書を読んで細かい流れや用語の暗記をしていく必要があります。この時に教科書を読んでも分からないことがあったりしたら資料集を読むのが有効です。このように、流れをつかむ→教科書→資料集で補填と手順を踏んで教科書の内容を進めていくことが大切です。

演習で分からないところを復習

日本史の流れを理解して、教科書や資料集で知識をつけた後は演習に取り組んでいく必要があります。演習でしなければならないことは問題形式、パターンの理解と分からなかったところの知識の復習です。このように順序を守って日本史の勉強を進めていくことで解けない問題は確実に減り、高得点をキープできるようになります。

受験までの日本史

膨大な範囲

受験で日本史を使う場合、膨大な範囲の暗記が必要になってきますよね。この膨大な範囲を念仏のように覚えていると、かなりの時間がかかってしまいます。受験は日本史だけを勉強していればいいわけではないので、日本史になるべく短い時間で効率よく勉強する必要があります。そのためには、念仏のように覚えるのではなく、日本史は物語のようにストーリーや登場人物を楽しみながら覚えていけると頭に入りやすくていいですよね。

早めから受験を意識

日本史は新しい内容をどんどん覚えていく一方で過去に覚えたところを忘れていってしまいます。授業では、古い時代から新しい時代へと一方通行に勉強していくため、復習は自分でしなければいけません。入試ではかなり幅広い範囲から出題され、さらに英語や数学のように基礎→応用という勉強の流れがないため、他の科目と勉強方法が違います。そのため、受験に日本史を使う人は早めから入試を意識した勉強をすることをおすすめします。

近現代史と復習のバランス

日本史の中の近現代史は1年単位で歴史的な動きを追いかける必要があるため、より細かく知識を整理しながら勉強していかなくてはいけません。しかし、他の範囲の復習もやらなくてはいけないため、そのバランスが大切になります。どちらかに力を入れすぎてどちらかがおろそかになってしまうと成績が不安定になってしまいます。直前の番狂わせを防ぐためにも受験生の2学期以降の勉強には気を使う必要があります。

順序をしっかり守って効率のいい勉強を

今回書いたように日本史の勉強は他の科目のように基礎→応用という流れとは違います。歴史マンガなどで歴史の流れをつかみ、教科書で用語、人物、年号などを覚え、資料集を使って足りない部分を補う。その後演習をし、復習をする、という順序で勉強すると効率が良いです。ポイントはまずはじめにマンガなどを使って流れをつかみ、教科書を読んだときにイメージしやすくすることです。教科書の活字ばかりを読んで暗記していては、膨大な時間が必要になってしまうのでマンガや資料集の絵や写真を使って、イメージしやすくすることで効率を上げていきたいですね。

関連記事があります

高校数学 勉強のコツ
受験勉強っていつからどう始めるの?素朴な疑問にお答えします
高校英語 勉強のコツ
LINEでのお申し込み・お問い合わせに対応しました!
中学生と高校生の学校生活の違い

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する