関係代名詞の非制限用法|高校英語のつまずきやすい単元を徹底解説!

関係代名詞や関係副詞には制限用法と非制限用法があります。関係代名詞や関係副詞を習ったときの使い方が制限用法です。今回はもう一方の非制限用法について紹介していきたいと思います。


あすなろには、毎日たくさんのお悩みやご質問が寄せられます。
この記事は英語の教科書に基づいて高校生のつまずきやすい単元の解説を行っています。

文部科学省 学習指導要領「生きる力」

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm

非制限用法とは

まずは関係詞の全体像を見てみよう。下の図は関係詞の一覧です。関係詞の非制限用法では、今まで学習してきた関係代名詞の単語を使います。

使い方で今まで使ってきた制限用法との違いは、前にコンマをつけるかつけないかだけです。しかし、上の一覧からも分かると思いますが非制限用法ではthatは使えません。
また、制限用法が先行詞を特定するのに対して、非制限用法では特定ではなくおまけの情報を付け加えている程度のニュアンスです。つまり、制限用法が「特定」するのに対して、非制限用法は「補足」する用法である、ということです。

制限用法と非制限用法

例文を見ながら、関係代名詞にコンマがつく場合とつかない場合でどのように違うか具体的に見ていきましょう。

例1

I know a man who works for the pet shop.
(私はペットショップで働く男性を知っています。)

I know the man, who works for the pet shop.
(私はその男性を知っていて、彼はペットショップで働いています。)

コンマなしの例文では「a man」という先行詞を関係代名詞を使って特定しています。それに対してコンマつきの例文では「the man」のように先行詞はすでに特定されている場合が多く、関係代名詞を使って「the man」を補足しています。
どのように違うかは、関係代名詞の節を取り除くと分かりやすいです。「I know a man」では「私はある男性を知っています」となり、関係代名詞を使って「ある男性」について説明しないと聞き手は「ある男性」を特定できません。それに対して「I know the man」は「私はその男性を知っています」となり、聞き手が「その男性」を特定できる状況です。そのため、関係代名詞の後の文は補足にすぎず、なかったとしても聞き手は「その男性」を特定することができます。

例2

My younger sister who lives in Kyoto will come to Tokyo next week.
(京都に住んでいる私の妹は来週東京に来る。)

My younger sister, who lives in Kyoto, will come to Tokyo next week.
(京都に住んでいる私の妹は来週東京に来る。)

例2では和訳したときに同じ意味になる英文を比べてみましょう。コンマなしの場合は特定する機能を持っているので、例文では「姉妹が複数いる中で京都にいる妹」という意味になります。これに対してコンマつきの場合は補足であり特定する機能は持っていないので、例文では「my younger sister」が単数形なことから姉妹が1人だけであることが分かります。
このように同じ和訳になるときでもニュアンスが違うので気を付けるようにしましょう。

例題

次の英文を和訳しなさい。
①He has a son, who is studying abroad.
②Kyoto, we visited last week, is old city.

解答


彼には一人息子がいて、その息子は留学中です。

私たちが先週訪れた京都は古い街です。

まとめ

今回は関係詞の非制限用法について制限用法と比較しながら紹介しました。
・制限用法
  コンマなしで使う用法
  先行詞を特定する機能を持つ
・非制限用法
  コンマをつけて使う用法
  先行詞を補足する機能を持つ

関連記事があります

微分法(導関数の応用)|高校数学のつまずきやすい単元を徹底解説!
分詞構文の作り方|高校英語のつまずきやすい単元を徹底解説!
仮定法~Ifを使わない表現~|高校英語のつまずきやすい単元を徹底解説!
比較級を使った表現|高校英語のつまずきやすい単元を徹底解説!
図形と方程式|高校数学のつまずきやすい単元を徹底解説!

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する