関係代名詞の使い分け|高校英語のつまずきやすい単元を徹底解説!

英文の中に関係代名詞が入ってくると文が複雑になりますよね。文が長くなるのに加えて、関係代名詞によって先行詞と後の文の関係が変わるので日本語に訳すのが大変ですよね。関係代名詞は穴埋め問題や並べ替えの問題でもよく出てきます。どの関係代名詞を使うのかしっかりと見分けられるようにしましょう。


あすなろには、毎日たくさんのお悩みやご質問が寄せられます。
この記事は英語の教科書に基づいて高校生のつまずきやすい単元の解説を行っています。

文部科学省 学習指導要領「生きる力」

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm

関係代名詞とは

関係代名詞とは先行詞(名詞)に意味を付け加えるための語で、代表的な例としては、which、who、thatなどがあります。基本的には名詞の後について情報を追加するはたらきをします。

例文を見てみましょう。


He is the man who I met in the school yesterday.
(彼は私が昨日学校で会った男性です。)

この例文では「He is the man」という文の「the man」に、関係代名詞whoを使った「who I met in the school yesterday」によって「私が昨日学校で会った」という情報を追加しています。

関係代名詞の使い分け

関係代名詞にはいくつか種類があり、関係代名詞の後の文で先行詞がどのようなはたらきをするかによって使い分けられます。

主格

主格の関係代名詞には、先行詞が人のときは「who」、人以外のときは「which」を使います。どのような場合に主格の関係代名詞を使うかというと、「先行詞」と「関係代名詞の後の文の主語」が同じ時に使います。


The man who works at the museum is very kind.
(博物館で働くその男性はとても親切です。)

先行詞の「the man」は関係代名詞の後の文「he works at the museum」の主語の「he」に当たります。そのため主格の関係代名詞が使われます。

目的格

目的格の関係代名詞には、先行詞が人のときは「who (whom)」、人以外のときは「which」を使います。


The pen is a souvenir which I bought in New York.
(そのペンは私がニューヨークで買ったお土産です。)

この英文を2つに分解すると「The pen is a souvenir」と「I bought it in New York」に分けられます。関係代名詞の後の文では、先行詞「a souvenir」は目的語になっているので目的格の関係代名詞が使われています。

所有格

所有格の関係代名詞には、先行詞が人のときも人以外のときも「whose」を使います。


The house whose roof is green is mine.
(屋根が緑の家が私の家です。)

子の英文では先行詞の「the house」が後の文で所有格として使われています。所有格の関係代名詞は先行詞に関わらず「whose」を使います。

この他にも関係代名詞にはthatがあり、主格、目的格の場合は先行詞が「人」でも「人以外」でも使うことができます。基本的に、主格、目的格の場合は「that」でも「who」や「which」のどちらでも使えますが、先行詞が「I and my dog」のように人と人以外が同時に入っている場合は「that」しか使えません。また、先行詞が最上級の場合や、「全て」や「無」を表す語である場合も関係代名詞は「that」を使います。

例題

次の( )に適当な関係代名詞を入れなさい。(thatは他の関係代名詞が使えるときは使わないようにしなさい)
①The thing ( ) is necessary is to do our best.
②I have a friend ( ) son lives in London.
③This is the best movie ( ) I have ever seen.

解答


which
主格の関係代名詞で先行詞が「人以外」なのでwhich


whose


that
先行詞に最上級が含まれているのでthatを使う

まとめ

今回は関係代名詞の使い分けについて紹介しました。

主格

先行詞が人のときは「who」、人以外のときは「which」を使います。
関係代名詞の後の文で、先行詞が主語になるときが主格。

目的格

先行詞が人のときは「who (whom)」、人以外のときは「which」を使います。
関係代名詞の後の文で、先行詞が目的語になるときが目的格。

所有格

先行詞が人のときも人以外のときも「whose」を使います。
関係代名詞の後の文では、先行詞は所有格として名詞を修飾する。

関係代名詞「that」

主格、目的格の関係代名詞として先行詞に関わらず使うことができます。

関連記事があります

高校生の暗記法~英単語編
微分法(導関数)|高校数学のつまずきやすい単元を徹底解説!
関数の極限|高校数学のつまずきやすい単元を徹底解説!
付帯状況の「with」|高校英語のつまずきやすい単元を徹底解説!
微分と積分の考え|高校数学のつまずきやすい単元を徹底解説!

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する