英語で「強調」をする|高校英語のつまずきやすい単元を徹底解説!

英語には特殊な構文や表現がたくさんあります。今回はその中でも文の中の一部を「強調」する表現について紹介していきたいと思います。


あすなろには、毎日たくさんのお悩みやご質問が寄せられます。
この記事は英語の教科書に基づいて高校生のつまずきやすい単元の解説を行っています。

文部科学省 学習指導要領「生きる力」

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm

語句を付け加えることによる強調

まずは、この表現を使えば強調だ、という表現を紹介していきます。強調したい語の前後につけるだけなので難しくはありませんが、知らないと訳せないので強調の表現かもしれないと思い出せるくらいにはしておきましょう。

動詞の強調

動詞を強調したいときには、強調の助動詞の「do」を使います。このdoは助動詞なので動詞の前に置き、後に続く動詞は原形になります。この助動詞doを使うときに一番気をつけなければならないことは、主語の人称によって形が変化することです。主語が三人称単数なら、doesに変化します。また、時制が過去ならdidを使います。


I do want to see that movie.
(私はぜひあの映画が視たい。)

名詞の強調

名詞を強調したいときには、「very」を使って強調することができます。名詞の前において「まさに~」のように名詞を強調します。


He is the very person I was talking of.
(彼はまさに私が話していた人です。)

疑問詞の強調

疑問詞を強調したいときには、「on earth」、「in the world」などを疑問詞の直後に置きます。「一体(全体)」と訳すことが多いです。


Why on earth did the accident happen?
(一体なぜその事故は起こったのですか。)

itを使った強調構文

「強調」するための表現は、語句を付け加えるだけではありません。「強調構文」といって、ある語句を強調するための構文があります。

 It + is + A + that + ~

で「~なのはAだ。」というようにAを強調する文になります。この構文は形式主語の構文と間違えやすいです。見分け方としては、「Aが副詞(副詞句)のときは強調構文」です。しかし、これではわかりづらいと思うので簡単な方法としては、「It is」と「that」をなくしても意味の通る英文ができるかかどうかで見分けられます。意味の通る英文を作ることができれば強調構文、そうでなければ形式主語の構文です。


強調構文
It is the fact that surprised him.
(彼を驚かせたのはその事実だった。)

形式主語の構文
It is a fact that he is my brother.
(彼が私の兄であるというのは事実です。)

上の2つの例文から、it とisとthatをなくすと強調構文の方は「The fact surprised him.」で意味の通る英文ができますが、形式主語の構文の方は意味の通る英文ができません。

例題

次の英文を( )の語句を強調するように書き換えなさい。
①What did you do? (what)
②I love you. (you)

解答


What in the world did you do?
疑問詞を強調するときはin the worldかon earthを使います。


It is you that I love.
強調したいyouを「It is A that + ~」のAの部分に置きます。

まとめ

今回は文中の語句を強調する表現について紹介しました。

・動詞の強調
 助動詞「do」を動詞の前に置く
・名詞の強調
 「very」を強調したい名詞の前に置く
・疑問詞の強調
 「in the world」や「on earth」を疑問詞の後に置く
・強調構文
 「It is A that + ~」で「~はAだ」というAを強調するようになる

関連記事があります

高校生の勉強と部活の両立の仕方
テレビ?ゲーム?スマホ?テスト期間中に誘惑に勝つ方法
指数・対数関数|高校数学のつまずきやすい単元を徹底解説!
比較級を使った表現|高校英語のつまずきやすい単元を徹底解説!
関数とグラフ(2次関数)|高校数学のつまずきやすい単元を徹底解説!

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する