英語での数の言い方を解説します!(一般数字編)

こんにちは、あすなろスタッフのカワイです!

今回は、英語でものを表す表現について解説していきたいと思います!とはいえ、小学校くらいから数字の言い方(one,two,three等)は知っていると思います。でも、数字によって名詞の形が変わったりします。そこについても詳しく解説していたいと思いますので、頑張っていきましょう。

数字の言い方(1~99)

分かりやすいところから見ていきましょう。知っている人は飛ばしてもOKです!

one 1
two 2
three 3
four 4
five 5
six 6
seven 7
eight 8
nine 9
ten 10

これが1から10までの表現になります。これらがベースになって、10以上の数字をいうことになりますので、この10語は最低限覚えましょう。

次は、11から20までです!

eleven 11
twelve 12
thirteen 13
fourteen 14
fifteen 15
sixteen 16
seventeen 17
eighteen 18
nineteen 19
twenty 20

11と12は法則性がないので、頑張って覚えるしかないです。(elevenはセブンイレブンのイレブンがあるから覚えやすいのではないでしょうか)

13~19は基本的に3から9の表現にteenをつけたものという感じで覚えられます (厳密には、序数から取られています。詳しくは別の記事で紹介します)。

10代(13-19才)の人のことをティーンエイジャー(teenager)というのは、ここに由来するんですね。

20は19までと異なり、12のtwelveからとってtwentyとなっています。

21から先を説明する前に、30,40…90はどうなるのか説明します。

thirty 30
forty 40
fifty 50
sixty 60
seventy 70
eighty 80
ninety 90

先ほど解説した13~19のteenの部分をtyに変えただけです。13~19まで覚えてしまえば楽勝ですね!(fourteenとfortyだけ若干違います!fourtyとしないように注意してください!)

21から先はこのように表現していきます。

twenty-one 21
twenty-two 22
twenty-three 23
twenty-four 24
twenty-five 25
twenty-six 26
twenty-seven 27
twenty-eight 28
twenty-nine 29

twentyは20という意味だと説明しましたが、そのあとに1から9の単語を繋げることで、2●という形になります。このtwentyの部分を30,40~90の単語に変えてあげれば、99までの数字を表現することができます。例えば、39であればthirty-nine、95であればninety-fiveといった具合です。

数字の言い方(100~)

100、1000には新しい語が必要です。では見ていきましょう。

one-hundred 100
one-thousand 1000

200や300、4000や5000と表現したいときは、oneの部分を消して、2や3の数字を付け加えてあげれば良いです。

two-hundred 200
three-hundred 300
four-thousand 4000
five-thousand 5000

これは分かりやすいと思いませんか?hundred、thousandの2語を覚えればなんと、999999まで表現することができるようになります!

例えば、324,2195,52104,714552を示したかったら

Three-hundred twenty-four 324
Two-thousand one-hundred ninety-five 2195
Fifty-two thousand one-hundred four 52104
Seven-hundred fourteen-thousand five-hundred fifty-two 714552

と表すことが出来ます。

「…あれ、万を表す語は無いの?」と思う方がいるかもしれませんが、

実は、英語の場合はないのです。

その次はなんと1,000,000、その次は1,000,000,000になります。

million 1,000,000(百万)
billion 1,000,000,000(十億)

1,000以降は1000倍ずつ単語が変わっていきます。従って、読みやすさの為に、1000倍おきにカンマ(,)を付ける習慣があります。日本の場合は10000倍ずつ(億、兆、京…)変わっていくので、少々違和感があるかもしれませんね。

Conclusion

いかがでしたか?数字の言い方が日本と違うので、覚えるまではなれないかもしれません。ですが、覚える単語は意外と多くありませんので、数字を一旦覚えたら、日常の様々な数字を英語で言い換えてみると、段々と馴染んでくるかもしれません。

Let’s challenge

次の数字を英語で表せ。

  1. 4
  2. 12
  3. 16
  4. 38
  5. 157
  6. 2121
  7. 53902

Answer

  1. Four
  2. twelve
  3. sixteen
  4. thirty-eight
  5. one-hundred fifty-seven
  6. two-thousand one-hundred twenty-one
  7. fifty-three thousand nine-hundred two

家庭教師のあすなろでは、英語での数字の言い方から、複雑な文の読解まで、幅広く教えてくれる先生が多く在籍しています。もし「英語の勉強の仕方に困ってる」「英語の勉強がつまらなくてやる気が出ない」といった方がいたら、是非、あすなろの無料体験授業を検討してみてください!

関連記事があります

【中3数学】2次方程式ってなんだろう?”方程式”や”次”の意味について解説します!
【中1数学】方程式って何だろう…?天秤を使って理解してみよう!
英語での数の言い方を解説します!(日付・回数・序数編)
【中3数学】平方根ってなんだろう?正方形を用いて、平方根の意味を解説します!
【中1数学】比例のグラフの書き方とそのグラフの特徴について知ろう!(その1)

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する