【中3数学】多項式を式の積の形にする「因数分解」のやり方を解説します!(その1)

こんにちは、あすなろスタッフのカワイです。

これまでは、いくつかの式の積で表された多項式を「展開」する方法を学習してきましたが、今回は、その逆の操作である「因数分解」を解説していきます!


あすなろには、毎日たくさんのお悩みやご質問が寄せられます。
この記事は数学の教科書に基づいて中学校3年生のつまずきやすい単元の解説を行っています。

文部科学省 学習指導要領「生きる力」

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm

因数分解とは?

多項式を、いくつかの式の積で表すことを「因数分解する」といいます。

展開では、いくつかの式の積で表されたものを、すべて多項式の形にする操作だったので、これらは逆の操作になります。

展開と因数分解は逆の操作であることを示した図


式で表すと上のようになります。

\((x+2)(x+1)\)から\(x^{2}+2x+3\)にするときは、乗法公式を使ったり、地道に各項同士を掛け合わせてあげれば解くことができました。

因数分解はその逆なので、そこまで難しくはありません!

とはいえ、0から勉強していくには難しいので、簡単なものから例を挙げて説明していきます!

共通因子のある多項式の因数分解

1.\(x^{2}-3x\)

因数分解をするときにまず確認するべきことは、「全ての項に共通する要素(文字・数)の有無」です。もしあれば、まずそれを括って、まとめてあげます。

では、例題の式を確認してみましょう。

式を確認してみると、\(x\)が共通していることがわかると思います。従って、これをくくってみましょう。

$$x^{2}-3x$$

\(x\)が共通している部分なので因数分解していきます。

$$x(x-3)$$

すると、このような形になって、この式の因数分解は完了です。

x^2-3xがx(x-3)と因数分解されることを示した図

もう少しくだいて解説すると、このような形になります。

この形になることが疑問に思われるようであれば、\(x(x-3)\)を展開してみると、理解できるかもしれません。

似た問題をもう1問解いてみましょう。

2.\(3y^{2}+9xy\)

今度の問題は、\(y\)が共通して入っています。従って、\(y\)をくくって因数分解を進めていきましょう。

$$3y^{2}+9xy$$

$$y(3y+9x)$$

\(y\)でくくると、このようになります。

一見、これでいいような気がしますが、カッコの中にまだ共通因子があります。

カッコ内の項は\(3y\)と\(9x\)なので、実は\(3\)も共通因子です。

「\(3\)は1つの項にしかないじゃないか!」と思うかもしれませんが、\(9x\)というのは\(3×3×x\)であるので、両方の項に\(3\)が含まれていることになります。

文字だけでなく、数字も同様に因数分解で前に括りだします


では、これを踏まえて、\(3\)も因数分解してきます。

$$3y(y+3x)$$

これで因数分解は完了です。

見た目で共通因子が見つけられない時は…?

先ほどの例題は、式を見ただけで何をまとめればいいのかが何となく判断できるものでしたが、そのような多項式ばかりではありません。

例えば、

$$x^{2}+2x+3$$

という式を見て、すぐ因数分解ができるか?というと、やり方を知らない限り難しいと思います。

ですが、この\(ax^{2}+bx+c\)の形の多項式の問題に対して、因数分解ができる公式があります!

因数分解の公式

  • \(x^{2}+(a+b)x+ab=(x+a)(x+b)\)
  • \(x^{2}+2ax+a^{2}=(x+a)^{2}\)
  • \(x^{2}-2ax+a^{2}=(x-a)^{2}\)
  • \(x^{2}-a^{2}=(x+a)(x-a)\)

これらの公式を使って解くことが出来ます!

覚える式が多くて面倒だと感じるかもしれませんが、この公式、展開するときに用いた乗法公式と全く同じです!なので、展開公式を覚えていれば、新たに覚えることはありません!

この式のうち、1番上の式の考え方を理解すれば、このような形の大方の問題に対応できるようになります。

公式を用いた因数分解の考え方

3.\(x^{2}+5x+6\)

この問題を解いていきます。上の公式を見ると、

$$x^{2}+(a+b)+ab=…$$

となっているので、これらの式を照らし合わせると、

$$5=a+b$$

$$6=ab$$

となっていることが分かります。したがって、上の2式にあてはまる\(a\)と\(b\)が見つかれば、\((x+a)(x+b)\)の形で因数分解をすることができます。

\(a+b\)と\(ab\)のどちらから考えるべきかというと、足し算は無限に考えられ、キリがないので、必ず積分(\(ab\))の方から考えます。

\(ab=6\)となる\(ab\)の組み合わせは、

\(a\)\(b\)
\(1\)\(6\)
\(2\) \(3\)
\(-1\) \(-6\)
\(-2\)\(-3\)

の4つです。ここで\(a\)と\(b\)が入れ替わっても意味合いは全く変わらないので、その組み合わせは除いています。

この中から、\(a+b=5\)となるものを探します。

\(a\) \(b\) \(a+b\)
\(1\) \(6\) \(7\)
\(2\) \(3\) \(5\)
\(-1\) \(-6\) \(-7\)
\(-2\) \(-3\) \(-5\)

これより、\(a=2\)・\(b=3\)のとき\(ab=6\)かつ\(a+b=5\)を両方満たすことが分かりました!

したがって、\(x^{2}+5x+6\)の因数分解は$$(x+2)(x+3)$$となります。

まとめ

  • 多項式を因数分解するときは、まず括れるもの(共通因子)を探そう!
  • 因数分解の公式(乗法公式の逆)を用いることで因数分解できる!

因数分解は慣れるまでは苦手に感じるかもしれませんが、慣れてくると楽しく解けるようになります。

別の記事で、他の多項式の因数分解をしていくので、良かったらそちらも読んでみて下さい!

やってみよう!

この多項式を因数分解してみよう

  1. \(x^{2}+5x\)
  2. \(4ax^{2}-8xy\)
  3. \(x^{2}+7x+6\)
  4. \(x^{2}-3x+2\)

答え

  1. \(x(x+5)\)
  2. \(4x(ax-2y)\)
  3. \((x+1)(x+6)\)
  4. \((x-1)(x-2)\)

最後までご覧いただきありがとうございました。
「数学でわからないところがある」そんな時に役立つのが、勉強お役立ち情報!
数学の単元のポイントや勉強のコツをご紹介しています。
ぜひ参考にして、テストの点数アップに役立ててみてくださいね。

もし上記の問題で、わからないところがあればお気軽にお問い合わせください。少しでもお役に立てれば幸いです。

関連記事があります

【中1英語】相手の習慣について訊ねるときのフレーズ「Do you~」をマスターしよう!
【中2数学】点の座標(グラフ)が分かっている時、1次関数の式はどのように解けばいいのか解説します!
【中学地理】世界の気候と暮らし(乾燥帯+高山気候)
英語での数の言い方を解説します!(一般数字編)
【中1数学】負の数の足し算のやり方が分からない人必見!数直線を使った簡単な計算方法

目からウロコの体験授業が無料で0円 先生と生徒たちの楽しそうな写真 たった15分でだれでも楽しみながら、大きく点数アップ↑できる勉強法を教えます!お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業に申し込む

もし、他のところと迷われたら…一番にお電話ください。
あすなろでは、家庭教師が初めての方に安心していただけるよう、質問や疑問に丁寧にお答えします。無理な勧誘は一切無いことをお約束いたします。

無料の体験授業

昨年(2018年)は1,602人が体験授業で実感!
わかる」喜びと「できる」自信が持てる無料の体験授業実施中!

私たちは、一人でも多くのお子さんに「勉強のおもしろさ」を知ってほしい。そんな想いで無料の体験授業を実施しています。私たちは、一人ひとりのお子さんの目線に立って、得意・苦手な分野に合わせて、勉強のやり方を提案します。この体験授業がお子さんの勉強の悩みを解消するキッカケになれば嬉しいです。

無料の体験授業で、「たった15分の勉強で、今までの3倍の効果を出せる勉強方法」を無料体験で実感してみませんか?勉強が苦手な子ほど、ほんの少しのキッカケで必ず変えてみせます!

フリーコール0120-32-4152 午前9時~午後10時土日祝も受付しております

あすなろのお約束

  • 学校の授業・教科書を中心に、苦手科目に合わせて5教科指導しています。
  • 国公立大学を中心に、「お子さんの成績アップを手伝いたい!」とやる気と熱意溢れる家庭教師をご紹介します。万一、相性が合わない場合無料で何度でも交代ができます。
  • お子さんの習熟度に合わせて、成績アップと第一志望合格を目指して指導を行ないます。
  • 私たちが目指すのは、「あすなろでやってよかった!」と実感していただくことです。
あすなろまるわかりBOOKを資料請求する
無料の体験授業に申し込む
受験勉強が100倍楽しくなる本を資料請求する
発達障害・不登校のお子さんのためのサポートブックを資料請求する